米アーカンソー州の静かな住宅街で先月下旬、9歳の男の子が放し飼いになっていた2頭のピットブルに襲われ死亡するという痛ましい事故が起こった。警察は近所に住む25歳の男を逮捕したが、一瞬にして命を奪われた男児の家族は「防げた事故だけにやりきれない」と涙に暮れているという。『Metro』『The Sun US』などが伝えた。

米アーカンソー州フォークナー郡マウントバーノン(Mount Vernon)の住宅街で先月28日朝、ロビー・テイラー君(Robby Taylor、9)が郵便受けの郵便物を取りに行ったまま行方が分からなくなった。母親のリンジーさん(Lyndsay)はロビー君が戻ってこないのを心配して探したが見つからず、午前9時15分にフォークナー郡保安官事務所に通報した。

リンジーさんは、当時のことをこう振り返っている。

「郵便物を取りに行っただけなのに時間がかかりすぎると思って、外に様子を見に行ったのですが息子は見当たりませんでした。ただ近くの空き地から、犬が数頭走り去っていくのが見えました。」

その後、ロビー君はリンジーさんが犬を見かけた空き地で女きょうだいによって発見された。ロビー君は犬に襲われた形跡があり、保安官らが現場に向かったもののその場で死亡が確認された。

保安官事務所はその日の午後、近くに住むトレイ・ワイアット(Trey Wyatt、25)を逮捕し、トレイの飼い犬である2頭のピットブルを検疫のため隔離施設に収容した。当時、ピットブルは放し飼いにされており、ロビー君はこの2頭に襲われて死亡したものとみられている。トレイは違法ドラッグの所持、薬物乱用時の銃の所持などの重罪、物理的証拠改ざん、危険な犬を放し飼いにして死亡させたなどの複数の容疑で起訴されている。

テイラー一家の友人であるケイディ・ホームさん(Kaydi Homme)は「防げることができただけに非常に残念です。ロビー君を発見したきょうだいは特に精神的なショックが大きいようです。一家のことは今はそっとしてあげてください」と述べており、家族のためにクラウドファンディングサイト『GoFundMe』を開設している。

ちなみに2018年にはイギリスで、自宅の外で遊んでいた4歳女児が近所のピットブルに襲われて重傷を負った。またアメリカノースカロライナ州でも同年、家族が飼っていたピットブルに1歳女児が襲われて死亡している

画像は『The Sun US 2020年5月30日付「MAULED TO DEATH Boy, 9, attacked and killed by two ‘loose pit bulls’ after going outside to check his mailbox」(Credit: GoFundMe)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト