詳細画像はこちら

992台のヘリテージ・デザイン初モデル

textJames Attwood(ジェームス・アトウッド)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
ポルシェは自社初となるヘリテージ・デザインモデルを、992型911タルガ4Sで発表した。これは最新の911へ、1950年代から1960年代初頭のデザイン要素を与えたもの。ヘリテージ・デザイン戦略として、4モデルが予定されている中の初めの1台となる。

過去モデルのエクステリアインテリアデザインを、現代的に再解釈。最新のテクノロジーと融合し、ポルシェ・エクスクルーシブ・マニュファクトゥールからの限定エディションとして提供される。

詳細画像はこちら
ポルシェ911タルガ・ヘリテージ・エディション(欧州仕様)

ヘリテージ・デザイン911タルガ4Sの生産台数は、992台の限定。最新911コードネームと一致する。すでに注文が始まっており、2020年秋からディーラーの店頭に並ぶ予定だ。

今回の限定エディションの導入とともに、選ばれたインテリア要素は、ヘリテージ・デザインパッケージとして通常の911でも選択が可能となる。

またポルシェデザインは、オリジナルクロノグラフ腕時計も制作。限定エディションを購入したドライバーのみが、注文できるという。

「ヘリテージ・デザインモデルで、お客様の1950年代から1980年代にかけての記憶を想起させることが狙いです。歴史的なデザインを現代的に解釈できるブランドは、ポルシェ以外にありません」

「限定エディションは、ポルシェの製品戦略において、ライフスタイルを表現する新しい製品ラインを確立します」と、ポルシェAGの理事会会長、オリバーブルーメはコメントしている。

クラシックな専用カラーとマテリアル

ヘリテージ・デザインモデルの第一弾は、最新992型911タルガをベースに導入される。450psを発生する水平対向6気筒ツインターボエンジンと、8速デュアルクラッチATが組み合わされ、0-100km/h加速は3.6秒以下。最高速度は304km/hに達する。

ボディで個性を生んでいるのが、ゴールドのエンブレムと、チェリーメタリックをはじめとする5色の専用塗装。1950年スタイルを表現している。またクラシックホワイトの差し色も特徴だ。

詳細画像はこちら
ポルシェ911タルガ・ヘリテージ・エディション(欧州仕様)

フェンダーの白いラインは、ポルシェモータースポーツの歴史を想起させる部分だという。さらにポルシェ356とのつながりを感じさせる、リアのグリルにあしらわれたポルシェ・ヘリテージ・バッジも見逃せない。

ホイールは、フロント20インチ、リア21インチカレラ・エクスクルーシブ・デザインを採用。ブレーキキャリパーもクラシックデザインとなり、黒く塗装される。

インテリアは、2トーンカラーでコーディネート。ボルドレッド・レザーとOLEAクラブ・レザー・アタカマベージュの組み合わせか、ブラック・レザーとOLEAクラブ・レザー・アタカマベージュの組み合わせだ。

シートやドアトリムの一部にはコーデュロイ素材が用いられた。ポルシェ356時代のデザインや、1950年代のファッションを感じさせる要素となる。ダッシュボード・トリムパネルには、シリアルナンバー入りのプレートが配されている。

こだわりのデザイン・ディテールは、写真にてご覧いただきたい。


ポルシェの記事
【1950年代のデザインを最新版へ】ポルシェ911タルガ・ヘリテージ・エディション 992型タルガ4Sベース
ポルシェ911ターボS
【伝説的レーサーから銀幕のスターまで】世界のクルマ好き有名人が最初に手に入れたクルマ 46選 前編
【クルマ選びの新たな指標?】「ゴルディロックスの原理」を知っているか ホット過ぎずクール過ぎず 後編

【1950年代のデザインを最新版へ】ポルシェ911タルガ・ヘリテージ・エディション 992型タルガ4Sベース