元英代表DFミルズは「フレッシュさとエネルギーを取り戻す」と予想

 プレミアリーグは現地時間5月19日から少人数でのグループ練習が解禁され、6月17日シーズン再開が内定している。そのなかで、中断期間中に母国で基礎軍事訓練を受けていた韓国代表FWソン・フンミンが注目を集めており、元イングランド代表DFが「よりハングリーになって戻ってくることを期待している」と語った。

 ソン・フンミンは今季、イングランド代表FWハリー・ケインが故障離脱を繰り返すなかでリーグ戦21試合9得点と奮闘。しかし、2月16日に行われたプレミアリーグ第26節アストン・ビラ戦(3-2)で右腕を骨折し、好調のなかで戦列を離れることになった。

 リハビリのための一時帰国を挟み、兵役短縮の恩恵を受けているソン・フンミンは新型コロナウイルスの影響によるリーグ中断の間に母国での基礎軍事訓練に参加。丸坊主や銃携帯・軍服姿が話題を呼んだ。

 2週間の隔離期間を経て、5月19日の練習解禁に合わせて始動しており、6月17日に予定されているシーズン再開に向けて調整を続けている。

 そんなトッテナムエースについて触れたのは、マンチェスター・シティなどでプレーした元イングランド代表DFダニー・ミルズだ。英メディアフットボール・インサイダー」で期待を寄せている。

「ソン(・フンミン)は素晴らしい。私は彼が兵役義務を経験して、よりハングリーな状態で戻ってくることを期待している。彼、『人生で毎日やっていたことだ。俺はなんて幸運なんだ』と思うかもしれない。彼はフレッシュさとエネルギーを取り戻すだろう」

 ミルズの発言を受け、韓国紙「朝鮮日報」は「プレミアリーグレジェンドが期待」と報じている。ケインの復帰にはもう少し時間がかかる見込みだけに、ソン・フンミンの活躍は不可欠となる。(Football ZONE web編集部)

プレミアリーグ再開後の活躍が期待されるトッテナムFWソン・フンミン【写真:Getty Images】