古代ローマ時代のモザイク床

古代ローマ時代のモザイク床がぶどう畑に!Comune di Negrar di Valpolicella/Facebook

 北イタリアブドウ畑で発掘調査を行っていた考古学者たちが、紀元3世紀のものと思われる、かなり保存状態のいいモザイク床を発見した。

 色鮮やかで緻密な模様が美しいこのタイルは、かつて古代ローマ人の邸宅の床の一部だったようだ。

―あわせて読みたい―

人類は食べることに前向きだった。世界10の古代食
古代ローマや古代ギリシャが完全なるディストピアになった10の理由
現代にも通じるのか? 古代ローマで使用していた呪いの石板、7つの呪い
大昔から犬は人の友だった。古代ギリシャやローマの人が愛犬に捧げた9つの墓碑銘
ギロチン処刑と古代ローマ貴族。18世紀にフランスでショートカットが流行った理由。

ブドウ畑の下から紀元3世紀の見事なモザイク床が

 発掘現場は、ヴェローナ近郊のネグラール・ディ・ヴァルポリチェッラという町。ここの丘にかつてあった古代の邸宅跡が初めて発見されたのは、1922年のことだった。

 それから1世紀近くたった現在、再び考古学研究者たちがこの地に戻って来た。去年の夏から、発掘を始めていたが、新型コロナウイルスパンデミックのせいで、作業は中断せざるをえなくなっていた。

 このたび、発掘を再開してわずか1週間後、ブドウ畑の地面の下からこの美しいモザイク床が発見されたのだ。


1世紀も前に、ヴェローナ北部に古代ローマ人の邸宅の基礎があるのはわかっていたのですが、何十年にもわたる発掘調査は失敗の連続でした。やっと報われるときがきたのです

地元の自治体の職員は言う。

 モザイクタイルと邸宅の基礎部分は、ブドウ畑の地下わずか数メートルのところから発見された。しかし、足元にあるこの考古学の宝に近づくには、ブドウ畑の所有者や自治体と協力しあわなくてはならず、その過程には、多くの時間と資金が必要になりそうだ。


 「こうした文化的価値のある場所は、注目に値するし、その価値を強化すべきだと思います」ネグラール・ディ・ヴァルポリチェッラ市長のロベルト・グリソンは言う。

「そのために、土地の管理者や農業資金担当者と一緒に、この宝を皆で楽しめる方法を見つけていきたいものです」


古代ローマ時代の遺物は他にも


 最近、見つかった古代ローマ時代の遺物は、このモザイク床だけではない。先月、パンテオン前の通りが陥没して、紀元前27~25年頃のものと思われる敷石が7つ見つかった。

 ロックダウンしていたイタリアだが、新型コロナウイルス感染の危険を減らすための新たな安全対策の元、文化施設や美術館は少しずつオープンし始めている。

 ポンペイ考古学公園も、検温や一方通行、その他のソーシャルデイスタンシング対策を取り入れて、再開した。

 コロセウムは、6月1日から観光客を受け入れる予定で、入場するときには、マスクを着用し、検温を受けることが義務づけられている。

References:comunenegrar / smithsonianmag

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52291393.html
 

こちらもオススメ!

―歴史・文化についての記事―

新石器時代の遺跡、ギョベクリ・テペには高度な幾何学的知識が使用されていた(イスラエル研究)
これがあれば身体検査されても秘密がバレない。CIAが開発したスパイ用フェイクふぐり(アメリカ)
死海文書の断片に肉眼では見えない隠し文字を発見(英研究)
アメリカのマスクを嫌う風潮はスペイン風邪流行時からあった。1919年に結成された反マスク同盟(サンフランシスコ)
エルサレム「嘆きの壁」に隠された秘密。2000年前の地下室が発見される(イスラエル)

―知るの紹介記事―

大量絶滅、カンブリア爆発など、地球内生命体の進化に重要な意味を持つ、かつて起きた8つの大規模イベント
ギリギリがすぎる。住宅アパートから50センチしか離れてない場所に高速道路建設が物議をかもす(エジプト)
学校閉鎖中、受け持ちの生徒たちを思い、全員の編みぐるみを作った小学校教師(オランダ)
どうしても忘れられない。心の傷を癒してくれたあの人に会いたくて97日間探し続けた犬の物語(アメリカ)
新石器時代の遺跡、ギョベクリ・テペには高度な幾何学的知識が使用されていた(イスラエル研究)
ブドウ畑の下から古代ローマ時代の見事なモザイク床が出現!(イタリア)