ウールが自身のツイッターカウントダウン eスポーツ挑戦のメッセージ

 アトレティコ・マドリードスペイン代表MFサウール・ニゲスは5月31日に自身のツイッターで「新しいクラブ。3日後に発表する」と投稿。マンチェスター・ユナイテッドなどビッグクラブが狙うタレントなだけに、移籍を示唆する内容だとして話題を呼んでいる。

 翌6月1日には「2日後に発表する」と“カウントダウン”を進めているサウールだが、この“意味深ツイート”にアトレティコファンが怯える必要はないという。それを伝えているのがスペイン紙「AS」だ。

 同紙は「アトレティコファンは安心して休むことができそうだ。この投稿は選手(サウール)が新たにeスポーツの世界に挑戦するティザーメッセージのように見える」と指摘。移籍を匂わせたうえでの告知ツイートだろうと予想している。

 サウールアトレティコ2026年までの長期契約を結んでおり、違約金も1億5000万ユーロ(約180億円)と高額に設定されている。コロナ禍で財政的に打撃を受けたクラブが多いこともあり、やはり移籍の可能性は低そうだ。(Football ZONE web編集部)

アトレティコ・マドリードMFサウール・ニゲス【写真:Getty Images】