サウサンプトンを率いるオーストリア人指導者のラルフ・ハーゼンヒュットル監督(52)が契約延長にサインしたようだ。

イギリススカイスポーツ』によると、ハーゼンヒュットル監督はサウサンプトンと新たに2024年までの4年契約で合意。2日にも正式発表される見通しだという。

ハーゼンヒュットル監督はRBライプツィヒなどのドイツ複数クラブを渡り歩き、2018年12月からマーク・ヒューズ氏の後任として、サウサンプトン監督に就任した。

指揮2年目の今季はプレミアリーグ第10節のレスター・シティ戦で0-9の歴史的大敗。残り9試合で降格圏と7ポイント差の14位に位置している。

サムネイル画像