バルセロナに所属するフランス代表FWウスマン・デンベレカタールでのリハビリを希望しているが、それが認められることはないようだ。6月1日スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 デンベレは昨年11月27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節の古巣ドルトムント戦で右足のハムストリングを負傷。今年1月には復帰間近となっていたが、2月3日の練習中に再び負傷し、右ハムストリングの完全断裂と診断された。フィンランドで手術を受けた同選手は復帰まで6カ月の見込みとなっている。

 スペインメディア『Rac 1』によると、復帰に向けてリハビリを行なっているデンベレは、昨年末から今年の年明けまでリハビリを行なっていたカタールで再びリハビリをする許可をバルセロナに求めたという。しかし、バルセロナは負傷を繰り返している同選手を復帰させるために、同クラブの施設で復帰までの過程をすべて管理したいことからこの提案を拒否したようだ。

 度重なる負傷に悩まれているデンベレは、今シーズン公式戦わずか9試合の出場で1ゴールを記録するにとどまっている。

バルセロナに所属するデンベレ [写真]=Getty Images