株式会社エンターラボ(本社所在地:東京都新宿区、代表取締役:平田英寿)は、2020年6月末に移転する老舗ホストクラブ愛本店にて、6月の土日、14:00-17:00の間、老若男女問わず誰でもお越しいただけるカフェ営業を開催いたします。

 
 1971年より続く歌舞伎町シンボルとも言えるホストクラブ愛本店は、2020年6月にビル自体の取り壊しが決定しており、数々のドラマのロケ地や世界中のセレブが訪れた愛本店の最後の1ヶ月の間「気軽に訪れて欲しい」という目的で広く一般の方に向けたカフェ営業を開催いたします。
 昭和のノスタルジー溢れる内装の一部は、新店舗に移すことが決定しいますが、老朽化により破棄せざるを得ない装飾品も多数あり、創設者である故・愛田武が手作りでひとつひとつ創りあげたこの独特な雰囲気を味わえるのは、この6月で見納めになります。
 カフェ営業期間は6月の週末、土曜、日曜で、営業前の14:00-17:00の3時間、年齢問わずどなたでも愛本店に入ることができます。コーヒー/紅茶/ソフトドリンク飲み放題、お茶菓子付き入場料1,000円、店内のあらゆる場所で撮影も可能です。
 イベント当日はホストの接客サービスはございませんが、インフォメーション係として日替わりで出勤、フロアをご案内いたします。49年の歴史を感じられるフロアマップの配布もあり、古き良き昭和の時代に想いを馳せながらゆっくりとお過ごしいただけます。通常営業の際は女性同伴でしか入れない男性のお客様も、この日ばかりは特別に入場が可能となっております。
毎回大盛況のディスコイベントでのシャンパンタワー

老舗ホストクラブ 愛本店 とは
 1971年創業、現存する最も老舗のホストクラブとして歌舞伎町で49年目を迎えるホストクラブ愛本店には、60名を越すホストが在籍。他のホストクラブと違い年齢層が幅広く、20歳から50代まで、幅広い人生経験を積んだ様々なホストが揃います。
 元々ホストクラブというのはダンスホールが発祥となっており、女性の社交ダンスのお相手をする男性の集まる場所として栄えていました。中でも愛本店はフロア面積200坪、客席は50席と最大規模で、現存するホストクラブで唯一ダンスフロアのある店舗となっており、今でもディスコや社交ダンスイベント、若者に人気のマグロハウスなど広く一般に向けた企画が活発に開催されております。
名物イベント、マグロハウスでは60kgの黒マグロが登場
新型コロナウイルス感染防止対策として愛本店は以下のことを徹底いたします》
・来訪者の入店時、従業員の出勤時等における体温チェック、手指の消毒、咳エチケット、手洗いの励行をいたします。
・三密を避けるため、混雑時の店舗利用者の入場制限や行列を作らないための工夫、列間隔の確保をいたします。
・入り口、裏口を通してに常に換気を行い、定期的に店舗フロア内を消毒いたします。

カフェ愛本店 開催概要
日程:2020年6月毎週末(土日) 
時間:14:00-17:00
場所:歌舞伎町ホストクラ
   『愛本店』
   東京都新宿区歌舞伎町2-22-5
   叙々苑第2ビルB1F
料金:1,000円
   (ソフトドリンク飲み放題)
※ご予約の必要などはございません。
※小さなお子様も大歓迎です。
1971年より続く、この場所での営業は今月で終了となります

配信元企業:株式会社エンターラボ

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ