株式会社理経(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 猪坂 哲、以下 理経)は、新たなセンサーの設置やデータ量が容易に増加可能な「IoTデータベース構築パッケージNoSQL型)」の販売を開始したことを発表いたします。
■市場背景:
製造業界では、工場内のあらゆる機器をインターネットに接続(IoT)し、さまざまなデータを収集し、解析して活用することで新たな価値を生み出すスマートファクトリーの取り組みが始まっています。品質や生産性の向上、コストの削減、人材の質・量の不足の解消などの課題を解決することを目的としていますが、実現させるにはIoTを正しく活用する知見と、目的に合わせたデータベースの作成が必要です。IoTを導入する際、複数の拠点をもつ大手製造業は、収集するデータの種類やデータ活用の方針が異なっていることが課題となっています。異なるデータを一つに集約できるIoTデータベースと、将来的なスマートファクトリー構想に向けて、データの増加に伴う迅速な対応が求められています。また、従来のSQL型(※1)で作成されたデータベースは、汎用性が低く、センサーの設置やデータ量の増加に伴い、その都度開発コストが発生していました。

※1 SQL(Structured Query Language)型:伝統的な関係データベース管理システム(RDBMS)で利用されるデータの定義や操作を行うデータベース言語

■製品概要:
データベースは、SQL型と比べて柔軟なデータ構造と優れた可用性や拡張性を持つデータベースです。データが増加してもサーバーを増設するだけで、簡単にシステムの性能を高めることができ、その都度新たにデータベースを開発する必要はありません。膨大なデータの高速通信や複数拠点にまたがる多数のIoTデバイスの管理を実現します。
お客様の要望に合わせて、データベースの構築が可能です。また、弊社では収集したデータを分析し、課題の列挙と優先付けを行い、潜在ニーズを顕在化するデータ解析コンサルティングを行うことで、データの見える化まで一気通貫サポートをします。国内の大手製造業へ納入した実績をもとに、複数拠点を持つ大手製造業を中心に拡販していきます。

システム構成イメージ

■特長:
データの増加が多いIoTに対応する柔軟なデータ構造・拡張性:
NoSQL型(※2)データベースの一つであるMongoDB(※3)を用いているため、取得データを増加する際や、データの分析方法を変える際なども自社内で容易に対応でき、システム開発にかかるコストを削減することが可能です。

※2 NoSQL型:SQL型以外の新しいデータベース管理システムの総称。柔軟なデータ構造から、IoTラットフォームの開発に適している

※3 MongoDB:MongoDB Inc.によって開発された、オープンソースソフトウェアドキュメント指向型データベースのこと

ビッグデータ処理の高速化:
MongoDBの水平分散(※4)機能と、多数のIoTデバイス間で短いメッセージを高い頻度で送受信するのに適したMQTTプロトコルを組み合わせることで、膨大なデータの処理を高速化します。

※4水平分散:同等の機能や構成の機器やシステムを複数用意し、それらの間で処理の負荷を分散する

IoTデバイスの効率的な管理が可能:
Kubernetes(※5)で多数のIoTデバイスを一括で管理することで、機器への設定を容易に変更でき、効率よい管理を実現します。
研究・開発用途で一般的に用いられるLinux OSの端末の運用管理と自動化も可能です。

※5 Kubernetes:Googleが設計した、Linuxコンテナの運用管理と操作を自動化するオープンソースラットフォームのこと

サーバーの増設:
ヒューレット・パッカード エンタープライズ社の「Simplivity(※6)」による提案も可能です。

※6 Simplivity:一般的なサーバーにコンピューティング機能とストレージ機能を統合し、シンプルな構成を実現した仮想化基盤

株式会社理経について】
株式会社理経は1957年設立のIT及びエレクトロニクス業界のソリューションベンダーです。
システムソリューション(教育機関向け事務系システム、製造業向け3次元機械CADソフトウェア、民間企業向けデジタルマーケティングツール、情報セキュリティソリューション、VR/ARコンテンツIoTシステムなど)、ネットワークソリューション(衛星通信及び放送用伝送システム地方自治体向けの各種防災情報伝達システム、高速長距離無線LANシステムネットワークアクセスシステムファイル送受信システムなど)、電子部品及び機器(マイクロ波部品、RF測定器、電力系統解析システム、材料・接着剤、防衛・災害救護用機材、その他各種電子部品及び機器など)の分野で、世界の最先端技術・先進的な製品を核とした多彩なソリューションを提供しています。

所在地    : 〒163-0535 東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル
資本金    : 34億2,691万円(2020年3月末日現在)
代表者    : 代表取締役社長 猪坂 哲
事業内容   :・システムソリューション・ネットワークソリューション・電子部品及び機器
URL     : http://www.rikei.co.jp
Twitterhttps://twitter.com/rikei_pr

※記載されている製品名、社名は、各社の商標または登録商標です。


【本件に関するお問い合わせ先】
ビジネスイノベーション部 データ解析グループ
TEL:03-3345-2169(ダイヤルイン
E-mail:rikei-iot@rikei.co.jp
製品ページ:https://www.rikei.co.jp/product/658/

配信元企業:株式会社理経

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ