妖怪人間ベム」生誕50周年を記念して2019年に完全新作アニメが制作・放送されたTVアニメBEM」が映画化決定! 「劇場版 BEM ~BECOME HUMAN~」が2020年秋に全国公開されることが発表され、ティザーポスターと特報映像が解禁されました。

黒と赤を基調としたポスターは、顔を隠したベムらしき人物と、その人物の足元から人ならざる影が伸びる姿が描かれており、妖怪人間の苦悩を感じさせます。特報映像では、ショパンの「24の前奏曲 第4番」をBGMに、3人の妖怪人間ベム、ベラ、ベロが生まれる様子が描かれています。

監督は博史池畠さん、脚本は冨岡淳広さん、キャラクター原案はTVアニメと同じく村田蓮爾さん、キャラクターデザインは松本美乃さん、そして制作はProduction I.Gに決定。メインキャストTVアニメに続き、ベムを小西克幸さん、ベラをM・A・Oさん、ベロを小野賢章さんが演じます。

ストーリー

壮麗と退廃、繁栄と貧窮が運河を隔てて共存する都市「リブラシティ」。若き女性刑事・ソニアは、街で頻発する不可思議な事件を追う中で"ベム・ベラ・ベロ"と呼ばれる 3人と出会う。醜い姿に変身する彼らはやがて妖怪人間と名付けられ、事件の容疑者として追われることとなるが、彼らこそが事件を解決し人々を助けているのだった。すべては「人間になりたい」という願いを叶えるため。リブラシティを裏で操る「見えざる議会」が事件の黒幕であることを突き止めたベムたちは、その首魁であるもう1人の妖怪人間・ベガと対峙する。運河をつなぐ橋を破壊するほどの激闘の結果、ベムたちは姿を消したのだった……。それから2年。ベムの行方を探し続けていたソニアは目撃情報を元に「ドラコ・ケミカル」という製薬会社を訪れる。そこで出会ったのはベムに瓜二つの人間"ベルム・アイズバーグ"だった……。(WebNewtype

「劇場版 BEM ~BECOME HUMAN~」ティザーポスタービジュアル