おもてなしを科学する”株式会社イー・エージェンシー(東京都千代田区、代表取締役:甲斐 真樹、以下イー・エージェンシー)は、シンガポールの現地日系グループ会社であるEASG PTE. LTD(CEO:佐藤 伸己、以下EASG)が、2020年6月2日、同社運営のマーケットプレイス型ECサイト「D2C@Kemang(クマン)」において、新たにクラウドファンディングサービスを開始したことを発表いたします。

サービス開始の目的は、インドネシアをはじめASEAN各国でコロナショックに苦しむ事業者の資金調達とマーケティング活動をオンラインで支援することです。現地に進出する日本企業や現地企業はもちろん、現地に拠点や代理店を持たない日本国内の事業者の利用もサポートいたします。

イー・エージェンシーはEASGとともに、新型コロナウイルスの影響下もそれ以降も、顧客企業が消費者のライフスタイルビジネス環境の変化に適応し、ビジネスを成長させることを支援します。
【新機能】クラウドファンディングサービス開始
マーケットプレイス型ECサイト「D2C@Kemang(クマン)」
https://eccs.global/


■【新機能】クラウドファンディングサービスについて

<目的>

クラウドファンディングサービス開始の目的は、インドネシアをはじめASEAN各国でコロナショックに苦しむ事業者の資金調達とマーケティング活動をオンラインで支援することです。現地に進出する日本企業や現地企業はもちろん、現地に拠点や代理店を持たない日本の事業者の利用もサポートいたします。

とくにコロナショックの影響が大きいリアル店舗主体の事業者(製造・小売・飲食・宿泊・スポーツ・レジャー・リラグゼーションなど)が、新たな商品・サービスの開発資金の調達や、各国での消費者ニーズのテストマーケティング等で利用することを想定しています。

<利用例>
●前払いの予約販売によって新商品・新サービスの開発資金を調達する。

新商品や新サービスアイデアコンセプト、品質、特典等を消費者にアピールし、共感や賛同を得て前払いの予約販売をすることによって、開発資金を調達することができます。

●消費者ニーズのテストマーケティングによって製造・輸出入・販売等の体制を最適化する。
すでに開発済みまたは他国で展開済みの商品・サービスでも、ターゲットとする国の消費者に開発したコンセプトストーリー、品質や技術力をアピールし、予約販売状況を見極めるなど、消費者のニーズをテストマーケティングすることによって、現地での製造・輸出入・販売等の体制を最適化することができます。

■【新機能】クラウドファンディングサービスを開始した
 マーケットプレイス型ECサイト「D2C@Kemang(クマン)」について


コロナ影響下の外出規制により、インドネシアジャカルタでもリアル店舗での対面販売の売上は落ち込み、多くの企業がコロナショックの苦境に追い込まれています。その一方で「巣ごもり消費」によって、オンラインショッピングやフードデリバリーの需要は急増しています。

マーケットプレイス型ECサイト「D2C@Kemang(クマン)」では、インドネシアに進出する日系企業および現地企業が、事業規模を問わず、コロナショックのもとオンライン活用によって「巣ごもり消費」等に適応し、ビジネスの存続・成長のチャンスに転換することを支援しています。

また、オンライン・オフラインを問わず商品と消費者とを密接に繋ぎ、リアルな消費者の声を事業者に届けることで、事業者が消費者の欲するものにより近い商品を提供することを支援します。

■マーケットプレイス型ECサイト「D2C@Kemang(クマン)」の特長

1.多彩な販売機能をリソースを抑えて低コストで利用できる。

マーケットプレイス型ECサービスは、たとえばAmazonマーケットプレイスのように、自社の商品を登録するだけで出品・販売から配送、売上や在庫管理まで実現することができます。商品・サービスの前払い・月額サブスクリプション販売サービスや、クラウドファンディングサービスも同様です。

いずれも自社ECサイト開設やECモール出店のような初期開発やプロモーションを必要とせず、低コストで利用できるため、大手企業はもちろん中小事業者でも利用しやすい販売チャネルとなります。現地に拠点や代理店を持たない日本国内の事業者の利用もサポートいたします。

さらに、コロナ影響下でとくに苦境にあえぐ中小事業者向けに無料プラン・簡易プランも新設しており(3参照)、事業規模を問わずオンライン展開に取り組み、ビジネスの変革と成長を図ることができます。

2.感度の高い顧客層向けのショールームで、SNSでのプロモーション効果やブランディングの向上が見込める。
近年「ジャカルタの青山」「ジャカルタのビバリーヒルズ」とたとえられるKemang(クマン)地区にエクスペリエンスセンターショールーム)を構え、オフラインでもオンラインと連携して商品を展示・販売することができます。

これにより、現地に駐在する日本人を含む外国人や、現地の富裕層、芸能人など感度の高い顧客層が実際に商品を体験して購入したり、SNSシェアしたりすることで、売上だけではなくプロモーション効果やブランド価値の向上を図ることができます。

3.ASEANの主要ECモール内の自社店舗や、自社ECサイト、自社リアル店舗などの管理も統合して、販売から配送まで一元管理できる。
「D2C@Kemang(クマン)」の運用管理には、独自開発のECクラウドラットフォーム「ECCS」を利用します。これにより、出品・販売から配送、売上・在庫の管理までを統合し、運用管理を効率化することができます。

さらに、「ECCS」では、Tokopedia、Shoppee、Bukalapak、Lazada、Blibliなど、インドネシアをはじめとするASEANの主要ECモールでの自社EC店舗や、自社ECサイト、自社リアル店舗などの運用管理も統合して一元管理できるため、効率的に販売チャネルと販売機会を最大化し、売上拡大を図ることができます。

コロナ影響下でとくに苦境にあえぐ中小製造業・小売業向けに無料プランFree ECCS)・簡易プラン(ECCS Basic)も新設しており、事業規模を問わずオンライン展開に取り組み、ビジネスの変革と成長を図ることができます。

■<参考>「D2C@Kemang(クマン)」の運用管理システム、ECクラウドラットフォーム「ECCS」について
「ECCSEnterprise Commerce Cloud Service)」とは、独自開発のECクラウドラットフォームで、Tokopedia、Shoppee、Bukalapak、Lazada、Blibliなど、インドネシアをはじめとするASEANの主要ECモールの自社EC店舗や、自社ECサイト、自社リアル店舗の運用を一元管理することができます。

出品・販売から配送、売上管理や在庫管理、O2O施策の実施までを統合し効率化することによって、販売チャネルと販売機会を最大化し、売上拡大を図ることができます。

「ECCS」の利用により「巣ごもり消費」の影響下でユーザー企業が売上を3.8倍にアップさせた事例や、中小事業者支援のための無料プラン・簡易プランの提供開始については、前回5/15配信のプレスリリースをご参照ください。

ASEANの「巣ごもり消費」で売上3.8倍増 中小事業者支援のため無料プラン・簡易プランを新設 ECクラウドラットフォーム「ECCS
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000036.000036705.html


なお、「D2C@Kemang(クマン)」ともに開発・提供は、EASGの監修のもと、ジャカルタの現地販売パートナーであるPT. Integrasi Megakanal Agensi(拠点:ジャカルタ、President DirectorNatya Tamarina、以下メガカナル)が担当しています。

■EASG(e-Agency Singapore)について

イー・エージェンシーのグループ会社として、ASEANマーケットにおける顧客企業のECの強化とOMOの推進を支援するデジタルマーケティングエージェンシーです。ECクラウドラットフォーム「ECCSEnterprise Commerce Cloud Service)」を企画、開発、提供しています。また、小売事業者が蓄積する顧客データや販売ノウハウを、デジタル技術を駆使して支援サービス化して提供する「RaaS(Retail as a Service)」も事業展開しています。オンライン、オフラインを問わず、カスタマージャーニー最適化に応えます。

EASG会社概要
会 社 名 : EASG PTE. LTD
代 表 者 : CEO Nobumi Sato(佐藤 伸己)
設立年月日 : 2012年2月8日
所 在 地 : 31 Bukit Batok Crecent#01-36 The Splendor SINGAPORE(658070)
資 本 金 : 100,000米ドル
事 業 内 容 : 情報技術(IT)システム、ロジスティッククラウドサービス
デジタルマーケティング、広告
サイトURLhttps://www.easg.co.id/

■メガカナルについて

EASGとの提携に基づいて各種プラットフォームを開発し、「SaaS(Software as a Service)」として提供する技術開発集団です。ECクラウドラットフォーム「ECCSEnterprise Commerce Cloud Service)」を中心に、顧客企業のECの強化とOMOの推進を支援する製品を設計、開発しています。また、営業やサービス活動を支援するアプリケーションも開発、提供しています。さらに、「ECCS」のチャネルの一つとして、D2Cの実店舗やオンラインマーケットとなる「D2C@kemang」を運営し、顧客企業のOMO、RaaSの推進に寄与しています。

メガカナル会社概要
会 社 名 : PT. Integrasi Megakanal Agensi
(PT. インテグレイシー メガカナル エージェンシー)
代 表 者 : President Director Natya Tamarina(ナティア タマリナ)
設立年月日 : 2013年7月22日
所 在 地 : Kemang Icon Building Ground Floor, Jl. Kemang Raya No.1,
Jakarta Indonesia.
事 業 内 容 : 情報技術(IT)システム、ロジスティッククラウドサービス
デジタルマーケティング
サイトURLhttps://www.megakanal.info/(※近日リニューアル予定)
https://www.facebook.com/EnterpriseCommerceCloudSystem/

■イー・エージェンシーについて

おもてなしを科学する”をモットーに、お客様のデジタルシフトを支援するデジタルマーケティングエージェンシーです。分析力、技術力、改善力、サポート力を結集したエキスパート集団として、データの解析・統合から活用施策の構築・運用までオールインワンで提供し、データドリブンマーケティングを支援します。日々進化を遂げるデータテクノロジーとAI・機械学習の活用により、お客様のビジネスにおける課題解決と成長戦略に寄与します。

イー・エージェンシー会社概要
会社名 : 株式会社イー・エージェンシー
代表者 : 代表取締役 甲斐 真樹
設立  : 1999年1月6日
資本金 : 9,500万円
本社所在地 : 〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-9-4 蚕糸会館4階
事業内容 :
(1)データドリブンマーケティング支援事業
Google アナリティクス 360をはじめとするGoogle マーケティング プラットフォーム導入・活用
データ統合やAI・機械学習によるデータ活用
・A/BテストWeb接客パーソナライズ
(2)クラウドプロダクト・SaaS事業
(3)ICT・Webインテグレーション事業
(4)中国・ASEAN 海外EC・越境EC・プロモーション支援事業
(5)地元創生支援事業
サイトURLhttps://www.e-agency.co.jp/

■本プレスリリースおよびサービスに関するお問い合わせ先

株式会社イー・エージェンシー(東京)
担当:那須
お問い合わせフォーム:https://www.e-agency.co.jp/form/corporate

EASG PTE. LTD(シンガポールジャカルタ
担当 : CEO Nobumi Sato(佐藤 伸己)
お問い合わせフォーム:https://www.easg.co.id/
※ページ最下部の「Contact」よりお願いします。

PT. Integrasi Megakanal Agensi(ジャカルタ
(PT. インテグレイシー メガカナル エージェンシー)
担当 : President Director Natya Tamarina(ナティア タマリナ)
お問い合わせフォーム:https://www.megakanal.info/
           ※ページ最下部の「Contact Us」よりお願いします。
           ※Facebookページでも承ります。
            https://www.facebook.com/EnterpriseCommerceCloudSystem/

配信元企業:株式会社イー・エージェンシー

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ