関係者によると、2日に東京都が確認した新型コロナウイルス感染者は30人以上だということがわかった。この状況を受けて、東京都新型コロナウイルスの感染拡大を警戒すべき状況と判断した場合に発動される「東京アラート」について、検討を進めているということだ。

【速報】新たに30人以上の感染確認 「東京アラート」検討

 感染者が30人以上となるのは5月14日以来となる。なお、東京アラートの基準となるモニタリング指標は以下のとおり。

【感染(疫学的)状況】
1.新規陽性者数(20人/日未満で緩和・アラート、50人/日で再要請)
2.新規陽性者における接触歴等不明率(50%未満で緩和・アラート50%で再要請)
3.週単位の陽性者増加比(1未満で緩和・アラート、2で再要請)

【医療提供体制】
4.重症患者数
5.入院患者数

モニタリング(監視体制)】
6.PCR検査の陽性率
7.受信相談窓口における相談件数

ANNニュース
 

映像:“夜の街”感染「1週間で5倍」 都の対策は

東京都で新たに30人以上の感染確認 「東京アラート」発動を検討