「どうやら新たな被害者がいるらしい……」

 2002年3月29日、松永太(逮捕時40)と緒方純子(逮捕時40)が監禁致傷罪(逮捕・監禁致死傷罪)で起訴されたのと時を同じくして、そうした話が一部の記者の間で持ち上がった。

高窓から飛び降りて重症を負った女性

 それは県警担当記者が、松永と緒方の再逮捕について捜査関係者に取材するなかで出てきた。内容は、ふたりと関係のある女性について、同年3月15日福岡県警小倉北署が、北九州市八幡東区の病院に入院歴の照会を行ったというもの。その女性は1997年3月中旬に「ベランダから落ちた」として救急搬送されていた。

 この情報が出る前は、次に考えられる松永と緒方の処遇について、保護された双子の男児の母親である田岡真由美さん(仮名、当時37)への、詐欺容疑での再逮捕が有力視されていた。しかし、彼女の供述に変遷が多いことを理由に、検察が立件に難色を示しており、以前よりもトーンダウンしていた。

 やがて、この「新たな被害者」が、北九州市小倉南区のアパートから逃げ出した原武裕子さん(仮名、当時41)であることが判明する。とはいえ、彼女が肺挫傷などの重傷を負って、約4カ月間の入院をしていた事実まではごく一部のメディアが掴んでいたものの、具体的にどのような被害に遭ったのかという情報は、どこも得ることができなかった。

 そんななか捜査に急展開が生じる。4月4日福岡県警が、松永と緒方を原武裕子さんに対する監禁致傷容疑で再逮捕したのだ。

 その内容は、〈両容疑者は共謀し、96年12月末ごろから97年3月中旬ごろまでの間、当時35歳の独身女性が借りていた(北九州)市内のアパート2階にこの女性を監禁。電気コードに金属製クリップを付けた道具で体に通電するなどの暴行を連日のように繰り返し、命の危険を感じた女性が夜、すきをみて高窓から飛び降りた際、腰の骨が折れるなど約4カ月の重傷を負わせた疑い〉(2002年4月5日付『朝日新聞』朝刊)というものだった。

メディアは被害者の女性を割り出さないように」

 再逮捕から間もない4日の夕方に、捜査幹部によるレク(「レクチャー」を指す用語)が行われた。その概要を抜粋すると以下の通りだ。

・松永は弁録(弁解録取書)で「黙秘します。署名押印は拒否します」と言い、緒方は「私はしていません。名前も言ってないので署名、押印は拒否します」と言っている。

 

・41歳の被害者女性については、松永が結婚しようと接近。その際に松永は京都大学卒のエリートだと称していた。

 

・被害女性は、逮捕事実当時は35歳。

 

・犯行場所は現在別の人が入居しており、ガサ(家宅捜索)はうっていない。

 

・女性は脱出して腰の骨を折り、側溝を這いつくばるようにして逃げた。

 

・電気コードはすでに押収しているようだ。

 

・被害女性に松永は「ミヤザキ」、緒方は「モリ」を名乗っていた。

 

・(各メディアは)被害者の女性を割り出さないように。被害者は両容疑者の写真を見せたら震え上がり、まだ恐怖心を非常に持っている。

再逮捕前日も二転三転……急転直下の再逮捕

 今回の再逮捕について、私が「急展開」との言葉を使ったのには訳がある。じつはこの再逮捕の決定は、捜査本部内でもごく一部の限られた者にしか知らされずに、急転直下でなされたものだったのだ。

 再逮捕前日の4月3日、ある捜査員は福岡県警担当記者の取材に次のように語っている。

「捜査本部の雰囲気は変わりない。起訴したことで一段落ついた。焦って足元をすくわれるようなことは、したくないということだろう」

 そして早期の再逮捕の可能性について問われ、次のように答えている。

「再逮捕については、特捜幹部の間で二転三転しているようだ。もうギリギリまで何(の容疑)でやるのか捜査員レベルではわからない。急転直下もあり得るし、じっくり1カ月、2カ月後にでも、ポンと再逮捕ということもある」

 だがその発言の翌日に、いきなり再逮捕という展開になったのである。当日4日の夜になると、なぜ捜査本部が急きょ再逮捕に踏み切ったのか、その真相が漏れ伝わってきた。これもまた捜査員の言葉だ。

「今日、署に出ると雰囲気が違い、再逮捕をやるという。昨日までは再逮捕はまだ先となっていたのに、なんでいきなり今日なんだと驚いたら、どうやら今日、被害者の女性から『被害届を取り下げる』と言ってきたらしい。この女性の松永と緒方に対する恐怖心は半端じゃなくて、本当に震えている。そこで捜査本部は慌てて再逮捕することにしたんだ」

いまだ立件されていない“事件”との類似性

 じつはこの数日前から、裕子さんの存在を嗅ぎつけた一部の記者が、彼女の自宅マンションを訪ねていた。その結果、脅えた裕子さんが捜査員に連絡を入れ、関わりを持ちたくないことを訴え出たのだ。そこで焦った捜査本部が予定を早めて動いたというのが、急な再逮捕の背景にあったのである。

 この再逮捕を報じる新聞記事では、一部の社が電気コードを使用した通電による暴行と、支配下に置いて監禁していた犯行内容を取り上げ、いまだに立件されていない“事件”との類似性について触れていた。それは、監禁致傷罪の被害者である少女・広田清美さん(仮名、当時17)が供述しているという、彼女の父・広田由紀夫さん(仮名)への殺害、死体遺棄疑惑についてだ。

 またほかにも、前述の田岡真由美さんと同じく、松永らが裕子さんから結婚準備を口実に、数百万円の現金をだまし取っていたとして、詐欺容疑を視野に捜査をしていると報じる記事もあった。これらはいずれも、捜査本部による再々逮捕を念頭に置いた“布石”ともいえるものである。

情報を漏らした“犯人”探しも同時に進行

 こうしてみるとわかる通り、メディアは「先に先に」と捜査の流れを掴もうとし、一方で捜査本部はメディアに情報が漏れることで、捜査が“潰れ”てしまうことを警戒していた。そのため、捜査幹部はメディアに情報を流した捜査本部内の“犯人”を捜すため、あえて偽情報を流すなどの方法も採っていたようだ。

 しばらく経って判明したことだが、再逮捕当日の捜査幹部によるレクのなかで、すでに記述してある通り、裕子さんに対して松永は「ミヤザキ」、緒方は「モリ」を名乗っていたとの話が出てくる。その話を受けて、数社が翌5日の記事にはこの通りの名前を掲載した。だが、実際のところ松永は「村上博幸」を、彼の実姉と紹介された緒方は「森田」を名乗っていた。そのことを知っているのはごく一部の捜査員に限られるため、レクの場で疑問を呈したり、本来の名前がどこかの媒体で出てくれば、リーク元が絞られるということだったのである。捜査幹部が「ミヤザキ」、「モリ」との情報を流したことを後に聞いた捜査員は口にしている。

「それはわざとガセ(偽物)を流してるんだろう。情報漏れを探るためじゃないか」

 当初は、そこまで捜査幹部が神経質になるほどに、事件の成立が危ぶまれる、“薄氷を履むが如し”の捜査だったことがわかるエピソードだ。

 こうした情報漏れに神経を尖らせる捜査本部との攻防を繰り返すのと並行して、各メディアは松永と緒方の過去、さらにはすでに殺害されている可能性が高い、広田由紀夫さんとの繋がりについての取材を進めていた。そこで浮かび上がってきた情報については、私自身の取材の結果も含め、改めて取り上げる。

再逮捕は「詐欺容疑」、再々逮捕は……?

 逮捕から1カ月を経た4月7日になっても、松永と緒方の様子に変化はなかった。捜査本部はすでに長期戦となることを予期しており、再々逮捕の容疑としては、4日の再逮捕の被害者である裕子さんに対する詐欺容疑が有力とされた。ある捜査員は県警担当記者に対して語っている。

「詐欺容疑は問題なさそうだ。(監禁致傷とは)容疑がまったく異なるし、暴行や脅迫容疑だったらダメかもしれないが、詐欺だからね。被害額は最終的に200万円くらいまで裏付けできそうだ。女性(裕子さん)が松永と出会って、離婚して、監禁虐待される前までにわたって、結婚準備金名目で騙し取られたということ」

 ただし、勾留期限の“満期”が迫る4月20日を過ぎた時点で、ふたりの再々逮捕については、4日の再逮捕容疑についての起訴よりも後という情報が流れた。さらに、その直後にはゴールデンウイークが控えているため、再々逮捕は早くともゴールデンウイークが明けてからになる見通しであるとされた。

4月25日、監禁致傷で起訴

 松永と緒方が起訴されたのは4月25日のこと。起訴状に書かれていた公訴事実についての文面は以下の通りだ。

〈被告人両名は、原武裕子(当時36歳)を監禁しようと企て、共謀の上、平成8年12月30日ころ、北九州市小倉南区××所在のアパート××号室において、同女をして同室内四畳半和室に入室させ、その出入口扉に南京錠で施錠した上、引き続き、同女に対し、同和室内での起居を強いるとともに、以後連日のように、同和室等において、電気コードの電線に装着した金属製クリップで同女の腕等を挟むなどし、差込プラグをコンセントに差し込んで同女の身体に通電させ、「逃げようとしたら捕まえて電気を通す。」などと申し向け、同8年12月30日ころから同9年3月16日午前3時ころまでの間、上記一連の暴行及び脅迫等により、同女が上記××号室から脱出することを著しく困難にして同女を不法に監禁し、その際、同日時ころ、同和室窓から室外に飛び降りて逃走しようとした同女をして、その腰部及び背部等を地面に強打させ、よって、同女に対し、入院加療約133日間を要する第1腰椎圧迫骨折及び左肺挫傷等の傷害を負わせたものである。

 

罪名及び罰条

監禁致傷 刑法第221条、第220条、第60条〉

 形式的な文書である起訴状の文面だが、深夜3時に窓から飛び降り、腰を骨折するなどの重傷を負いながらも命からがら逃げ出した女性の、切迫した様子が浮かび上がる。

(小野 一光)

『朝日新聞』2002年4月5日付朝刊より