愛知県大村秀章知事に対するリコール(解職請求)を主張して、高須クリニックの高須克弥院長らは2020年6月2日名古屋国際ホテルで会見を開いた。

会見には作家の百田尚樹氏、作家の竹田恒泰氏、中部大特任教授の武田邦彦氏、ジャーナリスト有本香氏がともに出席した。

吉村知事「考え方自体は応援しています」

「お辞めください大村秀章愛知県知事・愛知100万リコール活動」と題して「設立及び活動報告プレスリリース」を行うと1日にツイッターで呼びかけていた。以前から国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」をめぐり、実行委員長の大村知事を批判していた。

会見でリコールの主旨について質問され、高須さんは大村知事について「国にとって恥ずかしい、愛知県民にとって恥ずかしい。そういうようなことをしてくれる知事は支持できない」とした。また、「天皇」や「英霊」をめぐる作品について「英霊を辱めるような作品を芸術作品として、我々が払った税金から補助を与えるということ、それが一番許せないことです」とコメントした。

さらに「河村市長の考えておられることと、私の主張と外れているところは一つもありません」などと、名古屋市河村たかし市長が活動の主旨に賛同しているとした。河村市長は「表現の不自由展」問題をめぐり、大村知事と応酬を繰り広げている。

「医療崩壊」論争は関係ないというが

大阪府吉村洋文知事は1日にツイッターで「リコールは簡単にはいかないと思いますが、応援してます」とコメントした。「医療崩壊」が「東京と大阪で起きている」という大村知事の発言をめぐり、ツイッターなどで反論を行ってきた。

また、2日昼頃の囲み会見で吉村知事は「リコール応援」ツイートについて記者に質問され、改めて「何か具体的なことをするというのは想定しているわけじゃないですが、考え方自体は応援しています」とコメントした。また応援理由について、「医療崩壊」をめぐる発言は関係ないとした上で、「表現の不自由展」に対する反感を挙げ、「行政が公金を使ってあれをするっていうのには、僕反対の立場です」とした。

ツイッター上では「#大村知事のリコールを支持します」というハッシュタグと、反対する「#大村知事を支持します」のタグがともに飛び交っている。

動向が注目される吉村知事(2019年)