今回紹介したいのは、ぎんのぶたさんが投稿した『パンジャンドラム型アロマキャンドルが燃えるだけ』という動画です。

投稿者メッセージ動画説明文より)

失敗作のアロマキャンドルが燃えるだけです。 お好きな紅茶でも飲みながらご観覧頂ければ幸いです。


 風力式パンジャンドラム作った投稿者のぎんのぶたさん(動画『パンジャンドラム(風力式)を作ってみた』)。「なんか癒しが足りないなぁ」と3Dプリンタで型を作り、パンジャンドラムアロマキャンドルを作り上げました。

 パンジャンドラムとは第2次世界大戦中にイギリス軍が開発した自走式の兵器で、直進すらままならず開発中止となったものです。「珍兵器」としてニコニコで愛されています。

 火を灯します。

 パンジャンドラムが少しずつ溶け、崩れていきます。癒される……でしょうか?

 最後は燃え残った半分がパタリと倒れました。燃え残りは3Dプリントした部分です。ロウソクを型から外すのが最初の1個以降全く上手くいかず、半分を3Dプリントすることで何とかパンジャンドラムキャンドルの形にしたそうです。色々上手くいかないところがパンジャンドラムらしいですね。

視聴者コメント

・火炎車と聞いて
wwwww
・車輪とける
・あ、w崩れたw
・おっつ~

▼動画はこちらから視聴できます

パンジャンドラム型アロマキャンドルが燃えるだけ

―あわせて読みたい―

キレッキレに動く「パンジャンドラム」を作ってみた! “自由自在”に走り回るラジコン兵器に「本家より高性能」「これは紅茶キメてる」の声

彫金師が “パンジャンドラム”のシルバーアクセを作ってみた! あまりの技術力に「職人が英国面に堕ちた結果」「まっすぐ転がりそうなくらい精密」との声