サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回はクリスタル・パレスの元イングランド代表MFアンドロスタウンゼントが決めたゴールだ。

2018年12月22日プレミアリーグ第18節のマンチェスター・シティ戦。敵地エティハド・スタジアムに乗り込んだタウンゼントは、1-1のスコアで迎えた前半の35分、セットプレーの流れからゴールが生まれる。

相手MFベルナルド・シウバが浮き球をヘディンクリア。これボックス手前で反応したタウンゼントは、距離がありながらも左足でダイレクトボレー。抑えの利いた高速シュートゴール右上隅を射抜き、名手エデルソンもお手上げのスーパーゴールとなった。

そして、敵地でシティを3-2で敗る上で大きなターニングポイントとなったこのスーパーゴールに関して敵将ジョゼップ・グアルディオラ監督は、「信じられないようなゴール」と思わず脱帽。 また、これまでも幾つかのスーパーゴールを決めてきたタウンゼントも「僕のキャリアにおいてベストゴールだろうね」と自画自賛していた。

なお、このゴールは、2018-19シーズンプレミアリーグ最優秀ゴールにも選出されており、誰もが納得するスーパーゴールであった。

サムネイル画像