広範囲のレトロゲームとの互換性を持つレトロゲーム互換機「Polymega」が、将来的にクラウドゲーミングサービスを通じて最新のゲームプレイできるアップデートの実施を発表した。
 ゲームの過去、現在、未来の境界線を曖昧にする、ユニークゲームコンソールとしての立ち位置をより鮮明にすることが狙いだ。

 対応するクラウドゲーミングサービスは発表されていないが、機能の詳細と共に今後紹介するとしている。

(画像は「Polymega」公式サイトより)

 PolymegaはPlayStationやメガCD、セガサターンなどのCD-ROMゲームを再生できるベースユニットと、メガドライブスーパーファミコンといったROMカセットを読み込む別売のエレメントモジュールで構成されたレトロゲーム互換機だ。ベースユニットだけでも対応ソフトは膨大な数にのぼるが、カセットを挿せるエレメントモジュールを取り替えればROMカセットゲームにも対応。北米、欧州、日本から30機種のコンソールに対応し、現時点で9000作品以上のゲームを再生可能だ。

 どこでもセーブ機能やレトロゲームデータを購入できる専用のストア機能が搭載され、実験的にではあるがTwitchYoutube Liveでのストリーミングも視野に入れた開発が行われている。

(画像は「Polymega」公式サイトより)

 同じブログ投稿では「Polymega」のベータ第2陣の発送時期について、正式リリースに向けたワイヤレスアップデートテストのため、本体の出荷を約1ヶ月遅らせることを発表している。4月には日本でも予約がスタートしたが、即日完売という大盛況となっている。

ライター古嶋 誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros