自称芸術家のろくでなし子氏が、自身のTwitterで、2日に高須クリニックの高須克弥院長が大村秀章愛知県知事のリコール運動を開始したことについて批判を展開。これに高須院長が反論し、バトルが勃発した。

 ろくでなし子氏は、自身のTwitterでリコール運動について、「大村知事のリコールが、政治資金横領だとか不正行為とかならわかるけど、『表現の不自由展がけしからんから』ってアホすぎる…あんたら萌え絵やラブドールが憎いフェミニストと変わらないよ」と持論を展開する。

 このツイートを引用した高須院長は「県民が不愉快に感ずる表現の不自由展を民間で開催するのは自由です。国民、県民、名古屋市民から徴収した血税を使って開催したことが問題なのです。天皇陛下のお写真にバーナーで火をつけ踏みにじる作品等の愛知県民が不快に感ずるであろう作品は出展リストから除外されてました。補助金詐欺です」と、問題点は「昭和天皇の御影を燃やした映像を税金で表示したこと」と説明した。

 しかし、ろくでなし子氏は「それがなんでしょうか。表現の自由は日本国憲法で保障されていますけど」と、日本国や昭和天皇を侮辱することも「表現の自由」だと再反論する。これに高須院長は「日本国憲法の第一条に明記されている国民の象徴である天皇陛下のお写真にバーナーで火をつけ足で踏みにじる行為が日本国憲法で保証されているはずがありません。日本の統合の象徴に対する侮辱は日本人全員に対する侮辱です。国民を侮辱する行為を国民の血税を搾取して支援する者は国民の敵。国賊」と説明を加える。

 ろくでなし子氏はこれにも、「血税が血税がー、と言うなら、多くの国民が要らないと言っていたアベノマスクに何億もかけられた事にも、同時に批判したらどうでしょうかね」と安倍政権の政策も批判するべきという見方を示す。高須院長は「マスクは需要がありました。何億もかけた芸術展に出展された、天皇陛下のお写真に火をつけて踏みにじる芸術作品は日本国内には需要がありません」とバッサリ。

 それでも、ろくでなし子氏は「需要がない、で言ったらわたしのアートもそうなんです。無駄な事かもしれなくて、皆に追いやられる表現こそ守るのが、表現の自由です」と、たとえ多くの国民が不愉快に思う展示であっても、表現の自由は守るべきで、税金を使われても構わないという見方を示した。

 大村知事のリコール運動については賛成の声がある一方で、「愛知県民が選挙で選んだのだからそんなことをするな」「県民が知事を辞めさせるなんてとんでもない」という声も。自身は不祥事で退任を迫られた米山隆一元新潟県知事も「こんなことでリコールなんてしていたら、地方自治は出来ません」「多数の国民が未曽有の不況に苦しむ中で、彼らは何よりも昭和天皇のコラージュ写真一枚の方が大事なのです」と猛批判。一方、コロナ対策が国民の支持を受けた吉村洋文大阪府知事は「行政が税金であの『表現の不自由展』はさすがにおかしいですよね」と発言している。

 支持と不支持が極端に分かれている大村知事のリコール運動。今後どのような展開になるのか、注目される。

記事の引用について
高須克弥のTwitterより https://twitter.com/katsuyatakasu
ろくでなし子のTwitterより https://twitter.com/6d745
米山隆一のTwitterより https://twitter.com/RyuichiYoneyama
吉村洋文のTwitterより https://twitter.com/hiroyoshimura
高須克弥の公式Twitterより https://twitter.com/katsuyatakasu