NBAで活躍するレブロン・ジェームズリバプールの投稿に反応

 リバプールの人種差別撤廃を訴えるメッセージNBA界からも賛同の声が寄せられた。バスケットボール界のレジェンド、レブロン・ジェームズロサンゼルス・レイカーズ)がSNSリバプールアクションに「#YNWA」で応えた。

 アメリカのミネソタ州メソポタミア5月25日、黒人男性ジョージ・フロイドさんが白人の警察官に拘束され、膝で首を抑え込まれ殺害される事件が発生した。これを機にアメリカでは各地で抗議デモが発生し、暴動に発展している。

 人種差別問題として大きな波紋を呼んだこの事件に対し、サッカー界からも選手やクラブが声をあげている。日本代表FW南野拓実が所属するリバプールは、公式ツイッターで選手たちが膝をついて一つの輪になった写真を投稿し、「団結は力だ」というメッセージを世界中に発信した。

 またオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム、主将のイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンなど所属選手たちも同様の内容を投稿し、黒人への人種差別撤廃を訴える活動「ブラックライヴズ・マター」へのサポートを表明した。

 大きな反響を呼んでいるリバプールアクションに対し、バスケ界のレジェンドであるレブロン・ジェームズも反応。リバプール公式アカウントツイッターを引用する形でリツイートし、リバプールサポーターソングとしてお馴染みの「You’ll Never Walk Alone」を意味するハッシュタグ「#YNWA」にハート絵文字などを併せて投稿した。

 英紙「エクスプレス」は「NBAスター、レブロン・ジェームズがアンフィールドジョージ・フロイドに敬意を示したリバプールを称賛」との見出しで報じた。また、リバプール地元紙「リバプールエコー」も「レブロン・ジェームズは“ブラックライヴズ・マター”へのサポートを表明したリバプールメッセージを送った」と取り上げている。

 人種差別撤廃を切に願う選手たちは、競技の垣根を越えて一つに団結しようとしている。(Football ZONE web編集部)

リバプールのメッセージに賛同したレブロン・ジェームズ【写真:Getty Images】