アトレティコ・マドリーに所属するベルギー代表MFヤニク・フェレイラカラスコ無観客開催でも全力を約束した。スペインマルカ』が報じている。

新型コロナウイルスの影響で3月中断から中断が続くラ・リーガだが、6月11日からの再開が決定。6位のアトレティコ・マドリーは14日に行われる再開初戦の第28節でアスレティック・ビルバオのホームに乗り込む。

今冬に大連一方から2年ぶりのアトレティコ復帰を果たしたカラスコクラブ公式チャンネルインタビューで、チームメイトとの再会を素直に喜び、チームとしての順調な仕上がり過程を明かした。

「みんなと一緒にトレーニングができて、すごく嬉しい。チームの状態も良い。再開初戦に向け、ハードワークしている最中さ」

また、無観客での開催についてもコメント。サン・マメスでの再開初戦から観客なしでリスタートする状況に違和感があるとの思いを心境を吐露したが、プロとしての仕事を尽くすことを誓った。

無観客開催は少し変な感じだが、僕らはプロ。ファン美しいゲームテレビで観戦できるよう最善の方法で進めていく」

サムネイル画像