同居している人以外と性行為しちゃいけないだって!?

6月1日より、イギリス議会で可決された法案で、同居している人以外との性行為が実質禁じられることとなった。

これは、新型肺炎の感染拡大を防ぐために生まれた新しいロックダウンに伴う規則の一つである。

英紙「Manchester Evening News」の報道によると、新しい規則では、葬式に出席する近親者や、家庭内暴力の被害者、介護などといった場合を除き、合理的な理由なしに他人の家を訪問することが禁止されることとなった。

禁止事項には別世帯の2人が私的な空間で交流することも含まれ、違反者には法律のもと罰則が加えられる。もちろん、性行為のみならず家でのデートも違法とみなされる。

一方で、競技のトレーニングをしているアスリートやコーチ、その近親者といったスポーツの関係者は、自分の住居以外の場所に滞在することが許可されている。

これに関し、人権派弁護士アダムワグナー氏はTwitterで異論を述べており、「警察は一般人が家の外で行う活動を取り締まる権限はない」と批判している。

イギリス国内では段階的にロックダウンが解除され、学校や企業の活動が再開しているが、人々の生活が完全に戻る気配はない。人との交流がピンポイントに禁じられるとなると、大きな不満もでるのではないだろうか・・・。

 

参照元:Manchester Evening NewsTwitter

【悲報】イギリスで不要不急の家への訪問が禁じられ、同居してない他人との性行為が違法となる!