女優で歌手の柴咲コウ6月3日NHK連続テレビ小説エール』の第48話(第10週:響きあう夢)にオペラ歌手・双浦環(ふたうら・たまき)役で出演。新作レコードが売れずに苦しむ主人公・古山裕一(こやま・ゆういち窪田正孝)の窮地を救い、視聴者の間で反響を呼んでいる。

『連続ドラマW 坂の途中の家』柴咲コウ インタビュー/2019年

本作は、「六甲おろし」など多数の楽曲を手がけたことで知られる昭和の作曲家・古関裕而(こせき・ゆうじ)をモデルにした裕一の半生を描く人間ドラマ。3日放送の第48話では、裕一が作曲した「船頭可愛いや」のレコードが売れず、裕一はコロンブスレコードとの契約打ち切り寸前に。旦那のピンチに落ち込む古山音(こやま・おと/二階堂ふみ)から同レコードを聞かされた双浦は、自分がこの曲を歌ったレコードを出さないかと音に逆提案する。

世界の歌姫の提案にとまどう裕一や音。対する双浦が「大変素晴らしい曲」「いい音楽を広めたい」と語り、周囲を巻き込んでレコード化が実現。オペラ歌手の双浦が歌謡曲を歌うという話題性も相まり、同レコードは大ヒットを飛ばす。

放送内では、双浦がレコード制作に猛反対する作曲家・小山田耕三(志村けん)を説得。レコードの録音では美声を披露した。裕一の絶対絶命ピンチを救う大活躍に、視聴者SNSで「美の権化」「お召し物がどれも素敵だった」「歌うますぎ」「唯一無二の女優」と拍手喝采だ。

なお『エール』は、新型コロナウイルスの影響に伴い、6月27日(第13週)をもって放送を一時休止する。休止期間中は、第1回から再放送する予定だ。大河ドラマ麒麟がくる』も同様に、6月7日の放送後に一時休止する。

連続テレビ小説『エール』に出演中の柴咲コウ