ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、世界で最も稼いだフットボーラーのトップに立っている。アメリカフォーブス』の情報をもとに、イギリスSPORTBIBLE』が伝えている。

報道によれば、C・ロナウドの収入は1億500万ドル(約113億円)とのことで、長年のライバルであるバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシにわずか100万ドルの差をつけ、トップに立っている。

なお、アスリート全体でみると、C・ロナウドの収入は世界2位であり、1位は男子プロテニスプレーヤーロジャー・フェデラーの1億6300万ドル(約176億円)となっている。

また、パリ・サンジェルマン(PSG)のネイマールが9,550万ドル(約103億円)でサッカー界で3位となり、アスリート全体でみても世界で4番目の高給取りに。サッカー界4位のFWモハメド・サラー(リバプール)が3510万ドル(約38億円)のため、上位3人が抜け出していることがわかる。

その他のフットボーラーのランキング上位を見てみると、PSGフランス代表FWキリアン・ムバッペヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタなどが名を連ねた。

◆世界で最も稼いだサッカー選手
1位:クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス) 1億500万ドル/約113億円
2位:リオネル・メッシ(バルセロナ) 1億400万ドル/約112億円
3位:ネイマール(PSG) 9550万ドル/約103億円
4位:モハメド・サラー(リバプール) 3510万ドル/約38億円
5位:キリアン・ムバッペ(PSG) 3380万ドル/約37億円
6位:アンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸) 2960万ドル/約32億円
7位:メスト・エジル(アーセナル) 2870万ドル/約31億円
8位:ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド) 2850万ドル/約31億円
9位:オスカル(上海上港) 2750万ドル/約30億円
10位:アントワーヌグリーズマン(バルセロナ) 2670万ドル/約29億円

サムネイル画像