慢性的な人材不足にあえぐ保育の現場と、今仕事を必要としている人をつなぐサービスがある。

 保育業界の人材教育、人材紹介を行うキャリアフィールド株式会社4月21日より、新型コロナウイルスをきっかけに失業した人や、就活が停滞した学生を対象とし、100人限定で受講料全額免除で保育士養成講座を受けられる取り組みをスタートした。

 同社の都築裕一社長は、「いまは大変な時期。保育園と求職者の双方の力になれれば」と話す。

パートとして保育施設で働きながら、週2回ほど通学
 保育業界は人材不足の状態が続いている。

 保育士有効求人倍率の推移を見ると、2015年(2.44)、2016年(2.76)、2017年(3.40)、2018年(3.64)、2019年(3.05)と上昇傾向にある。2019年には低下したものの、全業種平均(1.60)と比べると依然として高い。特に人口が密集する東京都(5.23)は他府県に差をつけており、採用難の状況だ。

 政府は待機児童問題解消を掲げ、保育の受け皿の拡大を目指していることから、保育士の確保は保育業界が直面する課題となっている。

 一方で新型コロナウイルスの影響で勤務先が休業や廃業し、職を失った人にとっては、今後のキャリア構築や就職をどうするかが問題だ。キャリアフィールドの取り組みは、人材を求める保育業界と求職者をつなぎ、双方の希望を満たす役割を果たす。

 受講料の全額免除対象となるのは、「新型コロナウイルスをきっかけに、解雇や内定取り消しとなり失業した人」と「就職活動中の学生で、同様の理由で就活の停滞を余儀無くなされた人」の2パターン

◆給与を受け取りながら、勉強に集中できる
 受講申し込み時、解雇や内定取り消しをされたことの証明は必要なく、自己申告でよい。1次面談では、応募者に保育士試験の受験資格があるかをチェックする。

保育士試験の受験資格には細かい規定があります。たとえば学歴では、2年以上通う専門学校卒以上であることや、大学中退であれば2年以上在学して62単位以上を有していることが規定されています。中学、高校卒の方の場合、保育園をはじめとした児童福祉施設で2年以上かつ2880時間以上の勤務経験があれば受験できます」(都築社長)

 従来、保育士試験の合格率は約10%で、難易度は税理士試験に匹敵していた。近年は20%ほどに上がってきているとはいえ、それでも決して合格率は高くない。都築社長は「保育現場は忙しく、試験勉強に充てる時間が取りにくい現状があります」と話す。

 だが受講料全額免除の取り組みでは、受講時間も仕事時間とみなされ、給与が支給される。応募者は保育園をはじめとした保育施設で働きながら週に1~2回は受講し、勉強に集中できるメリットがある。保育園側としても、入職希望者が実際に現場で働くことで入職後のミスマッチを防げるという利点がある。

 資格取得後は、キャリアフィールドが提携する一都三県の保育園の中から条件の合うところを選び、正社員として就職することができる。この支援策は、キャリアフィールド保育園との協力があって成り立っている。

◆保育業界=ブラックではない
 しかし応募数は、本記事の取材を行なった5月8日時点では10人ほどにとどまっている。

 その理由について都築社長は、2つの課題があると見ている。

「ひとつは、この取り組み自体が始まったばかりで認知が進んでいないことです。今後は、PRに力を入れていくつもりです。もうひとつは、保育業界へのマイナスイメージです。インターネット上には『保育士ブラック』という情報がたくさんあります。確かにイベントの準備や工作、手書きの連絡帳など保育士が担当する仕事は多く、残業するケースもあります。ただ近頃は保育現場でも業務の見直しが行われ、ブラックどころか待遇が良いところもあります」

 待遇についての詳しい情報は求人票に明記されないことがある。その理由について都築社長は、「保育業界では、お金や報酬目当てで来てほしくないと思う方がいらっしゃいます。そのため、本当は待遇がいいにもかかわらず求職者に伝わらず応募に至らないこともあるのです」と明かした。

 ここで実際の待遇の一部を紹介する。

■社会福祉法人Aのケース

東京地区の月収:【四大卒】月給250,200円~、【短大卒】月給248,200円
賞与:昨年実績年3回、住居手当、資格手当など各種手当あり宿舎借り上げ支援制度あり。

■社会福祉法人Bのケース

東京地区の月収:215,000円(2年目:月給220,000円以上)
賞与:年3回(4.5~5.5ヶ月)
その他:宿舎借上げ制度(82,000円/月)

■社会福祉法人Cのケース

【院卒・四大卒】月給190,000円、【短大・専門卒】月給185,000円
賞与:年2回(前年度実績4.5ヶ月)
その他:入職お祝い金100,000円、引っ越しサポート50,000円、社宅や宿舎借り上げ制度あり。

 月収は19万円台〜20万円台半ばまでばらつきがあるが、基本的には賞与があり、宿舎借り上げや引っ越しサポートといった福利厚生もついている。まとまった休みをとれるケースもあり、「低賃金で休みなく働く」というイメージとは異なる。

 都築社長は今後の保育業界について、「新型コロナウイルスの影響で保育園が休園になったり、保護者に登園の自粛をお願いする動きが見られました。突然の自宅育児で思うように仕事ができず、親御さんとしては大変な時期です。見方を変えれば、保育園が社会的に重要なインフラであることを多くの人が痛感したと言えます。今後、保育士さんの地位が見直されていくと思っています」と語った。

◆園長先生は「他業種での経験は保育現場で役立つ」とエール
 東京都北区を拠点に8つの保育園を運営する、社会福祉法人つぼみ会の中嶋雄一郎統括園長は、キャリアフィールドが進める保育士講座受講料の全額免除の取り組みに賛同する一人だ。

「採用したくても応募者が少なく、採用に労力がかかるようになっています。10年ほど前はハローワーク経由で応募される方がいらっしゃいましたが、最近では就職フェアに出展し、来場者に直接アプローチすることが多いです。

 しかし最近は新型コロナウイルスの影響で説明会が開けないので、SNSへの露出を増やしたり、オンラインでの説明会や採用面接を行なったりしています。パートさんとして一緒に働きながら保育士資格取得に向けた学習を進めてもらい、資格取得後は正社員としてより深く保育に関わりともに良い保育を目指していける。キャリアフィールドさんの取り組みは素晴らしいと思います」

 中嶋さんが運営する保育園では、6~7年ほど前から業務の見直しを進めている。連絡帳への手書きをやめて、デジタル化に移行。文章入力する作業は発生するが、一冊ずつ手書きする必要はないのでスタッフの負担は軽減する。

 また月ごとの作品やイベント時の過度な制作物は保育士の負担になりかねないので、最低限にしている。

「保育業界には奉仕精神を持つ人が多いので、子どもたちのために一生懸命な方が多いです。それは素晴らしいことですが、働きすぎて疲れてしまい、子どもたちに充分なケアができなくなってはいけないと考えました。そこで思い切って業務内容を見直し、やめられることはやめていきました」

 最後に中嶋統括園長は、「保育士の経験がなくても大丈夫。中には他業種で働いた後に保育業界に来られる方がいますが、活躍されていますよ。これまでのキャリアは、保育園でも必ず役に立ちます。反対に私たちが他業種での考え方から学ぶことが多いんですよ」とエールを送った。

<取材・文/薗部雄一>

【薗部雄一】
1歳の男の子を持つパパライター。妻の産後うつをきっかけに働き方を見直し、子育てや働き方をテーマにした記事を多数書いている。