日産スペイン撤退を報じる「El Confidencial」

スペイン全土に衝撃を与えた日産スペイン工場閉鎖の報
 5月28日午前8時、日産社長内田誠はスペイン政府の産業相レイエス・マロトに電話を入れてスペインからの撤退を伝えた。(参照:「El Confidencial」)

 日産本社からのスペイン工場閉鎖の発表は同工場で働く従業員を始め、スペイン政府そしてカタルーニャ州政府には激震が走った。すべてのメディアトップニュースでそれを取り上げた。閉鎖の予定は今年12月とされた。

 この衝撃がスペインで強烈に映ったのは、3000人の従業員と関連企業およそ400社、2万人が雇用喪失という非常に深刻な事態に追い込まれることになるからである。
 しかも、スペインは現在コロナウイルス感染拡大の前に封鎖状態にあり、従業員の多くは勤務先が操業再開すれば彼らは徐々に職場に復帰するという休業補償を受けている時でもあった。とはいえ、工場の今後の方針を明らかにするように労働組合が主導して無期限ストを5月4日から実行していた。

なにしろ、40年近く存続して来た日産工場だ。多くの従業員が独身で入社して今は家族持ちで日産社員として定年を迎えたいと望んでいた人たちばかりである。従業員の中には共稼ぎ夫婦もいる。子育てにまだ費用が掛かる中で、彼らは来年から収入がなくなるのだ。失業者の多いスペインで中年層で仕事を見つけることはまず不可能である。しかも、コロナ危機で失業者は急増することは必至だ。

 今回の工場閉鎖の決定が意味するものは彼らが休業補償を終えて勤務に復帰することはあったとしても、それは短期間のことで、今年12月には完全失業者になってしまうということを意味するものである。

◆遅過ぎた日産スペイン工場への政府支援
 日産スペインの経営が思わしくないというのはこの4-5年前から噂されていた。しかし、それをスペイン政府並びにカタルーニャ州政府が真剣に受け止めるようになったのは昨年5月に2度目の従業員の大幅な削減交渉が経営者側と組合側で行われてからであった。ということで、昨年6月にレイエス・マロト産業相そして11月にはカタルーニャ州の企業長官アンジェルス・チャコンがそれぞれ日産本社を訪れている。両名の日産本社訪問ではスペイン工場のその後の方針についての明確な回答は得られなかった。(参照:「El Confidencial」)

 スペイン政府にしろ、カタルーニャ州政府にしろ、日産工場の将来のことを真剣に考えることが遅すぎた。2009年1680人の従業員を解雇した時点から両政府は積極的に日産スペインに協力すべきであった。尚、あの時点で実際に退職したのは581人であった。
 しかし、それ以後の日産スペインは「それまでの家族的雰囲気の経営から一気に生産性と収益の数字を追う企業に変化した」ということを従業員のひとりパブロ・ベニトが取材に答えた。(参照:「El Diario」)

 2014年にその後の日産スペインの運命を左右する出来事が発生するのである。

◆飛躍が期待されたパルサーの不振
 2014年にその後の日産スペインの運命を左右する出来事。それは、飛躍を期待して導入した車種パルサーがまったく期待外れの結果に終わったということである。

 当初年間8万台の生産を見込んでいた。ところが、初年度は3万5000台の生産に留まり、2018年には僅か2万台まで後退した。この躓きがその後の飛躍の可能性を閉じてしまったのである。この時点から日産スペインは飛躍を目指すというよりも、従業員の雇用を維持するための守りの経営に向かったのだ。

 スペイン工場でのパルサーの生産中止のあと、MV200バネットガソリンディーゼル用)も姿を消した。その後釜に電気自動車MV200に加えて日産ナバラ、ルノーアラスカン、メルセーデス・ベンツクラスという3社のピックアップ車の生産が選ばれた。

いずれにせよ、スペイン工場がヨーロッパで販売する柱になる車種の中心工場になる機会は消滅した。例えば、英国の日産サンダーランドは車種キャシュカイが生産の柱になっている。日産スペインは常に車種を他の工場から分けてもらうといった存在になってしまったのである。スペイン工場でパルサーヒットしていればスペイン工場の運命は今とは違ったものになっていたはずである。

 だから、日産本社もスペイン工場への投資の関心は薄く、不況もあってどの市場も自工場で生産している車種を他の工場に移すことを嫌った。ということで、スペインの工場は生産する車種は減っても新しく生産する車種がないという状態が長く続くのである。それが意味するものは将来的には工場は閉鎖の方向に向かっているということであった。

◆頓挫したEU離脱の英国からの生産移転
 当初、英国がEUからの離脱した場合はキャシュカイの生産をスペイン工場に移すという噂もあった。英国が単一市場を利用できなくなるからである。しかし、この可能性は消滅した。EUと日本が貿易自由協定を結んだことによってEUで生産する代わりに日本で生産してそれをEU市場に輸入関税なしで輸出するということが可能になったからである。

 更に、スペイン工場の存続を難しくさせたのは、メルセデス・ベンツクラスの生産が5月で終了となったことである。それまでピックアップ3車種の生産が3万8000台であったのがXクラスが抜けることによって20万台生産可能な工場で生産稼働率は30%以下になるのということなったのである。これでは工場を維持することも容易ではなくなる。

◆40年間良好な関係だった組合も無期限ストへ
 5月4日からは、2大組合が経営者側が方針を明確するまでストを行うとして無期限ストに突入した。いつも協力的な姿勢を示して来た労働組合が遂に爆発したのである。40年存続して来た工場で初めて無期限ストを実行したののだ。それに対して経営者側では沈黙を守るだけであったので、従業員の方では工場の閉鎖はほぼ確実だと感じるようになっていた。しかし、彼らは最後まで奇跡を信じていたのであった。

 ヨーロッパ日産社長ジャンルカ・フィッシの任務は今年12月までに工場閉鎖を終了して従業員らとの補償問題なども解決済みにすることである。しかし、事態はそう簡単には収まらない様相だ。カタルーニャ州政府は従業員の社会保障費負担を軽減するためにこれまで3億ユーロ360億円)の支援金を提供。更に、この12年間に2500万ユーロ(30億円)を州政府は投入し、600万ユーロ(7億2000万円)の投入も用意されていた。(参照:「El Diario」)

◆容易には撤退させない姿勢の州政府
 州政府は存続のための代替案を日産本社に提示したが、それに対する如何なる回答もないという。州政府のアラゴネス副州知事は日産の撤退は容易にはさせないという構えだ。つい先日、州政府は撤退するには当初10億ユーロと概算していたが、そのあと修正して12億6000万ユーロ1500億円)の費用が掛かるとメディア明らかにしている。従業員への解雇保障だけでも6億ユーロ720億円)を見積もっている。これが意図しているのは撤退するよりも残留した方が費用は安く済むと言いたいようである。(参照:「Cinco Dias」)

 日産が撤退を発表して最初に開かれたヨーロッパ日産社長フィッシら経営者側と従業員を代表する委員会の会合の席で委員会側からなぜ撤退するのかと問いただすと経営者側は15分で退席したそうだ。恐らく、嫌悪な雰囲気の中での会合だった故に委員会側からの質問の仕方にも問題があったのかもしれないが、15分で経営者側が退席したというのは今後の交渉を進める上でプラスにはならない。(参照:「20minutos」)

 スペイン政府の極左ポデーモスの党首で第3副首相であるパブロ・イグレシアスは国営化も可能だと言った非現実的でユートピアの発言もある。しかし、日産本社が望んでいるような12月までに閉鎖したいという希望は恐らく達成されないであろう。交渉は来年まで持ち越されるのは確実だと思われる。

<文/白石和幸>

【白石和幸】
しらいしかずゆき●スペイン在住の貿易コンサルタント1973年スペインバレンシアに留学以来、長くスペインで会社経営から現在は貿易コンサルタントに転身

日産スペイン撤退を報じる「El Confidencial」