隣人の引っ越しトラックに乗り込んでしまい、1200kmも離れた土地へ運ばれてしまった飼い猫。悲しみに暮れる飼い主のために多くの人が尽力し、猫は無事家族の元に戻ることができた。行方知れずになってから1週間、猫が移動した距離は2485kmに及ぶという。『ABC News』などが伝えている。

クイーンズランド州ロングリーチに住むジョージアウィップさん(Georgia Whip)の飼い猫“P・プス(P-Puss)”が、ある寒い日の夜にいなくなってしまった。

P・プスがいなくなった当時、隣人が引っ越しをしていたそうだ。ジョージアさんは「隣人は5月22日に引っ越しました。彼らが家を出たのは夜の9時頃でした。その30分後に夫のトビーToby)がP・プスを寝かせようとしましたが、家の中に入って来ませんでした。とても寒い日だったので、少し変だと思いました」といなくなってしまったと思われる日のことを話している。

その翌日、P・プスは朝ご飯の時間になっても現れず、ジョージアさんは「P・プスは引っ越しのトラックに乗ってしまったのではないかと心配でした。いつも家の前に止まっている車の窓が開いていると乗り込んでしまうのです」と明かしており、とても落ち込んだという。

そして午後3時半頃、引っ越し業者からP・プスが見つかったと連絡が入り、ジョージアさんは喜んだ。しかし1時間半後に再び電話があり、P・プスはケージから逃げてしまったというのだ。「P・プスは自宅から1200km離れたブリスベンにある倉庫へ逃げてしまったのです。本当にショックでした」とジョージアさんは再び悲しみに暮れた。

この日の夜に倉庫内で人感センサーアラームなどが作動したことから、P・プスが迷い込んでしまったことは確かだった。翌日の夜に再び警報が鳴ったことから、P・プスを捕まえようと倉庫には警備員が動員された。倉庫は広くP・プスを捕まえるのに数時間を要したそうだが、最終的に保護することができた。

その間、ジョージアさんはP・プスがいなくなってしまったことをFacebookに投稿していた。この投稿を目にした動物の救護を行う会社「CQASI」の会長で、倉庫のあるブリスベンから600km離れたロックハンプトン在住のロズ・バトリーさん(Loz Batley)は、すぐにP・プスをジョージアさんの元に返せるように行動を起こした。「私にはブリスベンに多くの知り合いがいるので、助けになれると思いました」とロズさんは話している。

ロズさんの人脈により、P・プスはまずスタッフによってロックハンプトンまで連れてこられ、その後3人のボランティアに引き継がれてロングリーチにあるジョージアさんの家に向かった。P・プスが引っ越しトラックに乗ってから、5月30日の夜にジョージアさんの家に着くまでのマップを見ると2485kmと書かれており、約1週間で大移動をしていたことが分かる。

ジョージアさんは「もう一度P・プスに会えるなんて思っていなかったので本当に嬉しいです。P・プスを家に返すのを手伝ってくれた方々に感謝しています」と、再びP・プスと暮らせることの喜びと遠く離れた地で尽力してくれた人々への感謝を述べている。

画像は『ABC News 2020年6月1日付「Stowaway cat returns home after 2,500km trip around Queensland」(Supplied: Georgia Whip)(Supplied: Google)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト