米国では反警察運動と人種差別が扇動され、各地で店舗の破壊、略奪、暴力が相次いでいる。中国国営メディアは騒乱だけを取り上げているが、米国の警察官が各地区で、平和デモの参加者に寄り添い、平和を促す様子を映していない。また、警官に取り押さえられた際に死亡した黒人市民のフロイドさんには、複数の前科があることも報道していない。

5月30日、ミネソタ州ミネアポリス警察は、アフリカ系米国人で強盗や脅迫、薬物使用などの前科のあるジョージ・フロイドさんを偽札の使用容疑で逮捕を試みた。白人警察官が抵抗したフロイドさんの首を数分間にわたり圧迫し、数分後にフロイドさんが死亡した。当時の様子を映した写真や動画がインターネットに拡散し、黒人市民を中心に怒りの声が上がった。この事件で米各地で反警察、人種差別反対デモが発生した。

デモの発端となった事件に関わった警察関係者3人は解雇され、フロイドさんの首を圧迫した警察官は、過失致死と第三級殺人の罪で起訴された。

騒乱がエスカレートするなか、ミシガン州フリントタウンシップのデモを警備した保安官クリス・スワンソンさんの行動は注目された。「ヘルメットを脱いで棍棒を下ろし、抗議を平和的なパレードに変えよう」とデモ参加者に語りかけた。「私たちがここにいる唯一の理由は、あなた方が確実に声を上げられるようにするためだ。ここにいる警官たちはあなた方を愛している」と訴えた。スワンソンさんの呼びかけに歓声が上がった。

米当局は、騒乱には混乱と暴力をあおる極左集団アンティファが関わっていると指摘している。国土安全保障省は、米国の都市を席巻している暴動は多くの外国勢力によって扇動され、支援されていると述べた。

ツイッターで米国政府の人種差別を攻撃する内容を英語で多数投稿されている。ABCイブニングニュースに出演した専門家は、これらのユーザー中国共産党の背景を持つ疑いがあり、実際に街頭での暴力的な抗議行動を煽る中国勢力もあると指摘している。

ミネアポリス警察の組合長ボブ・クロール氏は6月2日、署内内部文書のなかで、ジョージ・フロイドさんの「凶悪な犯罪歴」を強調した。また、事件をめぐる抗議活動は極左集団アンティファなど「テロ行為」だと例えた。

デイリーメールの独自報道によれば、フロイドさんは複数の前科がある。2007年に女性宅に押し入り、女性の腹部に銃を突き付けて薬物と金品を探したとして5年の有期刑が下った。2005年2002年コカイン所持で有罪判決が下っている。2002年1998年にも不法侵入および窃盗の罪で逮捕されていた。

中国官製メディア 「息できない」「無法地帯」と米国騒乱を強調する

 

米国内で起きている混乱について、中国官製メディアは、積極的に暴力性を強調して報道している。いっぽう、ミシガン州で保安官がデモ隊に同調したり、ニューヨーク市やフロリダ州マイアミなどで警察官が抗議デモにひざまずいて、故人を弔う姿勢を見せ、悲しみの共感を示したことなどは一切報じていない。

外交部の華春瑩・報道官は、フロイドさんが訴えたという「 I can't breathe(息ができない)」とTwitterに書き込んだ。中国のユーザは、華報道官を「中国の警官が同じことをしても、華さんも『息ができない』と言ってくれるのか」と皮肉った。他のユーザは、中国国内の警察署で取り押さえた若い女性の首をひざで圧迫する男性警官の様子を収めた過去の映像を付けた。

環球時報は連日、「無法地帯アメリカ」「白人至上主義の台頭で民族間の対立が深まっており、トランプ氏はそれを政治的利益のために利用している」などと報じている。

北京のメディア関係者である賀氏は6月1日RFAに対し「6月4日の31周年が近づいている。中国プロパガンダの意図は国内の注意をそらすこと。もう一つは、これまでのように米国を悪魔化(damenize)し続けることだ。中国国内が安定していると思わせるために、米国の問題を強調する」と語った。

中国政法大学法学部の元講師で、米国在住の人権派弁護士の滕彪氏は、ラジオフリーアジアの取材に応じた。新華社通信などの官製メディアが、米国警官が警棒を置いてひざまずいたりする行動を報じないのは、米国警官の正義を打ち消す狙いがあるとした。

共産党プロパガンダは、党の政権安定のためにある。中共ウイルス新型コロナウイルス)の流行から米国の反人種差別暴動まで、言論の自由メディアの監視がない中国では、官製メディア一方的な物語をずっと繰り返す」「米国と中国という2つの全く異なる政治体制の法執行制度の違いを浮き彫りにしている。中国には救済と賠償の仕組みがなく、苦しむのはいつも国民だ」と語った。

滕彪氏は、「中国全体の政治体制が変わらなければ、中国の警察が人民のためにひざまずいたりする光景を見ることはないだろう」と述べた。

(翻訳編集・佐渡道世)

コロンバス警察署の前で、警察の行き過ぎた法執行に抗議する平和的な抗議者(GettyImages)