メモリアルデー

墓地でトランペットソロ演奏をする兵士 image by:The United States Air Force Band

 アメリカでは、毎年5月の最終月曜日は「戦没者追悼記念日(メモリアルデー)」となっている。兵役中に死去したアメリカ軍を兵士を追悼する日だ。

 「自由のため、尊い命を犠牲にした人たちのことを国家は決して忘れない」その思いを表わすため、また、アメリカのこれまでの戦いの歴史の中で、自由を守るために戦うことの永遠に変わらぬ価値を、国民が忘れないよう呼びかけるためのものだという。

 バージニア州にあるカルペパー国立墓地では、米空軍音楽隊の兵士により、タップス(Taps:戦死者の葬儀に際して演奏される弔意を表すラッパ)のソロ演奏が行われた。無人の墓地に響き渡るラッパの澄んだ音色を聞いてみよう。

―あわせて読みたい―

これはかっこいい!晴天・静寂の中行われたノルウェー国王特別警護隊のファンシードリル
なななんと!ウクライナ軍の楽隊がエヴァってた!
戦場の友は永遠の友となる。シリアで共に過ごした犬を家族としてアメリカに迎え入れた帰還兵、その感動の再会
戦場にいる兵士のために空から届けられた特別仕様の戦場ピアノ(アメリカ)
オーストラリア軍が一列に並び、コアラの赤ちゃんを抱っこして給餌

戦死者を追悼するタップスの音色

 南北戦争のときから奏でられているどこか哀愁を帯びたこの曲は、北軍の将軍だったダニエルバターフィールドによって作曲されたと言われている。

 カルペパー国立墓地でジェイソンコービー2等軍曹がトランペットでこの曲を厳かに演奏している動画が、米空軍音楽隊のFacebookページに投稿された。

 カルペパー国立墓地は、1867年に建てられ、メイン州マサチューセッツ州、ニューヨーク州、オハイオ州、ペンシルヴァニア各州の犠牲者の慰霊塔も含まれている。1988年には、南北戦争の無縁仏の慰霊碑も建てられ、2001年には、軍総合記念碑も建てられた。

 公開されたのはメモリアル・デー(戦没将兵追悼記念日)である5月の最終月曜日。この動画は、7万近くシェアされ、4万6000以上のいいねがついている。

音声をオンにして聞いてみよう。

 音楽隊は、演奏するコービー軍曹を上空から俯瞰的に撮影した。

 1862年のシーダー山の戦いや、1863年のチャンセラーズヴィルの戦いなど、バージニア北部の戦闘で命を落とした兵士たちのために建てられた記念碑も映し出される。最後にコービー軍曹が厳かに敬礼して終わっている。動画には短いメッセージがつけられている。

メモリアル・デーに向かう週末、この国のために命を捧げた勇敢な若者たちの計り知れない犠牲を、あらためて噛みしめようと思う。

タップスを奏でることで、米空軍音楽隊のメンバーとして、国のために命を散らした人たちに厳粛な思いで敬意を捧げたい


 昔から戦死者の葬儀にでは弔意を表すタップス(ラッパ)が奏でられているが、もともとは南北戦争のとき、消灯時間に"明かりを消せ"という合図として奏でられた消灯ラッパが始まりだ。

 それが、兵士が死にその軍務が終わったことを表わすようになり、国から最後に称えられる悲しい役目を担うことになった。

死力を尽くして身を捧げ、散っていった人たちの軍務や命に敬意を表し、無私の犠牲に対して感謝する

Echo Taps

コロナの影響で生演奏を聴くことがかなわず

 毎年メモリアル・デーは多くの人でにぎわう。だが、2020年メモリアル・デーは、新型コロナウイルスのせいで、いつもとまるで違う状況になってしまったため、国民はタップスを生で聴くことはほとんどできない。

 カリフォルニア州共和党下院議員のポールクックは、自身のサイトに次のような文章を載せた。

元戦闘経験者として、今日のような追悼の日は特別な意味がある。一緒に戦ったが、家に帰って来られなかった戦友たちのことがよみがえってくるからだ。

わたしが公務に専念する者として、男女問わず、この国の安全を守ってくれる人たちのために立ち上がるのは、彼らの名誉のためなのだ。

戦闘で命を失ったわたしたちの息子や娘たちを称えるために、我々は皆、自分の役割を果たさなくてはならない。彼らが自分のことは二の次にして払った立派な犠牲を決して忘れてはならない


1863年、エイブラハム・リンカーンは、ゲティスバーグの戦場に立ち、この戦闘で倒れた者たちの死を無駄にしない完全な解決を国に懇願した。

今年は、あなた方すべてに、リンカーン大統領の言葉に耳を傾け、自由の代償がこの国の勇敢な男女の命だったことを少しでも思い出して欲しい。今日、彼らのことを思い、私たちの自由が決して当たり前のものではなかったことを思い出して欲しい


 この動画を見た多くの人が、この感動的な追想の瞬間に感謝した。
涙があふれ、喉が苦しくなり、感謝の念で胸がいっぱいになった。私、そしてアメリカ国民ひとりひとりに、当たり前だと思っていた自由を与えてくれたすべての人たちにお礼を言いたい

あるユーザーはこうコメントを残している。

タップスを聴きながら、涙がこみあげてきた。胸をえぐられるような息子の葬儀がよみがえってきた。この国に奉仕した息子をとても誇りに思う

わたしたちの自由のために、究極の犠牲を払った軍人たちへの恩を決して忘れないように

 なお、演奏者コービー軍曹の公的な経歴は、空軍音楽隊のセレモニーブラスユニットのトランペッターだ。ミュージシャンとしての幅広いキャリアを積んでから、2017年から空軍に所属しているそうだ。

References:US Air Force Band's Stunning Memorial Day Tribute Goes Viral/ written by konohazuku / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52291441.html
 

こちらもオススメ!

―動画の紹介記事―

ヨーロッパ最大のフクロウ、アパート3階に巣を作る。3羽のヒナが窓越しからテレビ鑑賞(ベルギー)
猫の複雑な愛情表現。「そいつにかまうな私をかまえ」のジェスチャー編
熊「夜中に失礼しますよ!」車のドアを開けて勝手に入り込んだクマー
アフター・コロナに必要なものは笑い。大声でさえずる巨大なワライカワセミが登場(オーストラリア)
終末的光景。回転草が竜巻となり車を飲み込んでいく「タンブルウィード・トルネード」が発生(アメリカ)

―歴史・文化についての記事―

ブドウ畑の下から古代ローマ時代の見事なモザイク床が出現!(イタリア)
新石器時代の遺跡、ギョベクリ・テペには高度な幾何学的知識が使用されていた(イスラエル研究)
これがあれば身体検査されても秘密がバレない。CIAが開発したスパイ用フェイクふぐり(アメリカ)
死海文書の断片に肉眼では見えない隠し文字を発見(英研究)
アメリカのマスクを嫌う風潮はスペイン風邪流行時からあった。1919年に結成された反マスク同盟(サンフランシスコ)
墓地に響き渡る米空軍兵の澄んだラッパの音色「戦没者追悼記念日」トリビュート演奏(アメリカ)