川崎重工業川崎重工)は、神戸海洋博物館カワサキワールドに、同社の人共存型双腕スカラロボット「duAro2(デュアロ・ツー)」による自動検温システムを新たに開発し、設置した。

画像付きの記事はこちら



 今回開発した自動検温システムは、双腕ロボットの右手に非接触型の温度センサーを取り付け、検温エリアに入った来館者がセンサーに額を近づけ、測定開始センサーの上に手を近づけると検温を開始する。体温が規定以下の場合は、入館可能の合図として左手で保持したバーが開いて入場できる。

 体温が規定以上の場合は、バーが開かず、係員を呼ぶ仕組みになっている。全ての作業は、センサーで感知して行い、係員と来館者が接触することがないため、新型コロナウイルスの感染防止につながる。

 神戸海洋博物館カワサキワールドは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため3月2日から休館していたが、6月2日の営業再開にあたり、来館者・運営スタッフの安全確保のため、同システムを設置し、全ての来館者に検温を実施する。

 検温に使われるduAro2を含む「duAro」シリーズは、人との共存・協働作業が可能なロボットで、簡単にダイレクトティーチングが可能で実用性が高く様々な場面や作業で活用されている。また、アーム部分に柔らかな表面素材を使っているほか、万が一、動作中に人と接触しても衝突を検知して停止し、安全性にも配慮している。

人共存型双腕スカラロボット「duAro2」(デュアロ・ツー)による自動検温システム