竹中直人松岡禎丞早見沙織ら5人が参加した朗読DVD「涙がこぼれる20の物語」が、6月4日に発売される。

収録されるエピソードは、短編小説集「99の涙」シリーズ、「コミックエッセイ 犬が教えてくれたこと」をリライトした物語が5話と、オリジナルストーリーが15話。脚本は、実写映画「大奥」やアニメ信長協奏曲」の高橋ナツコアニメトイレの花子さん」の平見瞠、「アナザースカイ」「おしゃれイズム」などで知られる放送作家・近藤祐次らが執筆した。

語り手を務めたのは、俳優の竹中、若手声優の松岡と早見、ベテラン声優の清川元夢沢田敏子の5人。DVDは5巻まであり、「vol.1 記憶」には松岡と沢田、「vol.2 最愛」は沢田、清川、早見、「vol.3 家族」は松岡と早見、「vol.4 共に生きる」は沢田、清川、松岡が参加し、5巻目の「Special」は竹中のみが出演している。

単品価格は各3000円、DVD5枚入りボックスセットは1万2500円(税込み)。通販サイト「プライムダイレクト」(https://www.primedirect.jp/roudoku_dvd/)で6月4日発売。

松岡禎丞、早見沙織ら5人が愛と感動にあふれたストーリーを朗読