官公庁所有財産の公有財産売却(公用車から公有地、消防車救急車など)や、差し押さえ財産のインターネット公売などが行われる“Yahoo!官公庁オークション”に、Nintendo Switch本体が出品されています

 そもそも官公庁オークションに、テレビゲーム機などが出品されることはたびたびあるのですが(官公庁オークションに“テレビゲーム”のカテゴリーがあります)、今回は東京都八丈町からの出品です。

 八丈町と言えば、伊豆諸島南部の八丈島にある街。今回は、インターネット公売による出品で、Nintendo Switch本体(ネオンブルーネオンレッド)に、『ゼノブレイド2』のソフトが1本が付いてくるもの。ちなみに、Joy-Conを装着する“Joy-Conグリップ”は付いていません。


【画像1点】「官公庁オークションにニンテンドースイッチが出品中。『ゼノブレイド2』ソフト1本のセットが物悲しい……」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

 オークションの方式は“せり売”形式で、最終的にもっとも高い金額で入札した人が落札者となります。ちなみに、インターネット公売は落札された代金が、滞納者の未納税金などの支払いにあてられるとのことで、このNintendo Switchの落札金額もその用途にあてられるようです。参加申込期間は2020年5月26日13時00分~6月10日23時00分で、入札期間は6月16日13時00分~6月18日23時00分。

 八丈町でどういったいきさつがあって、この“Yahoo!官公庁オークション”にNintendo Switchが出品されたのか。『ゼノブレイド2』は無事にクリアーまで遊べたのか。そして、本体同梱品だったJoy-Conグリップはどこへいったのか、などなど。いろいろとエピソードを感じてしまう出品ですが、興味がある方は覗いてみてはいかがでしょうか。