パセリの粉末

同じ葉っぱだけど違ってた/iStock

 スペインで、思わず警察も苦笑してしまうような詐欺事件が起こった。ある男性が、売人から4年もの間大麻(マリファナ)と信じさせられて購入していた“葉っぱ”が、なんとパセリだったのだ。

 騙されたことに気付いた男性、警察署へ駆けこみ「売人を訴えたい」と怒り心頭だそうだ。『Men’s Humor』などが伝えている。

―あわせて読みたい―

不思議の国のアリスをモチーフに薬物撲滅キャンペーンフィルムを作ったらトリップし過ぎて大変なことに!
ダメ!絶対!!のび太のダメっぷりで学ぶ薬物の危険性「ドラッグえもん」
薬物に関する厳しい罰則がある国トップ10
兵士の士気を揚げるため、恐怖心をやわらげるため。戦争に麻薬が使用された9のケース
ロブスターの痛みを和らげるため。調理に大麻を使用するレストラン(アメリカ・メイン州)

匂いがパセリに似ている新種…だと!?

 スペイン南東部ムルシア警察署に、28歳の男性が売人への訴状を提出したいと憤慨しながら駆け込んできた。

 署が話を聞いたところ、男性はとある売人に騙され続けていたという。

 男性は、売人から手渡された葉っぱの匂いが大麻(マリファナ)のものではなく、パセリに似ていると感じ、それを指摘。すると売人は、「この大麻は新しい品種だ。これを家で吸っていても、匂いで気付かれることがない」と答えたそうだ。

marijuana-2174302_640_e

gjbmiller/pixabay

 男性は売人の言葉を信じ、パセリの葉っぱを大麻と信じて4年間も買い続けた。

 しかし、どうにも大麻を吸った後の効果があまり感じられず、男性は笑われるのを承知で友人らに相談。ようやく、騙されていたことに気付いた。

parsley-3267600_640_e

Couleur/pixabay

男性、ブチ切れ「払った葉っぱ代を返せ!」


 案の定、友人らに笑われた男性は、警察署でも怒りを露わにしたようだ。「これまで払った金を返してほしい」と売人に対する訴状を提出し、告訴する気満々だ。

 詐欺事件には違いないが、内容が内容、しかも4年も大麻と気付かずパセリを吸っていた男性の今更の訴えに、警察側も苦笑せずにはいられなかったようだ。

 ちなみに、スペインでは大麻は合法である。嗜好品としての使用・所持・栽培は認められているが、公共の場での販売や使用は禁止されている。

seedling-1062908_640_e

7raysmarketing/pixabay

 葉っぱ間違いに関していえば、私、パルモはパクチーがどうしても苦手なタイプなのだが、他の葉っぱと間違って口に入ってしまった時の衝撃ったらない。

 昔好きだったラーメン屋さんに久しぶりに行ったところ、メニューは全く同じなのだけど上に緑の葉っぱが。もし当時からパクチーだったらまた頼もうなんて思うはずないので、別の葉っぱ(三つ葉とか)だと思い麺と一緒に食べたところ、まごうことなきパクチーだった。

 吐き出すわけにもいかないので、残りのパクチーには申し訳ないが、こっそり皿によけた。店側は、良かれと思ってマイナーチェンジしたのだろうけど、どうしてもパクチーが食べられない人がいるっていうことだけはちょっとだけ覚えていてほしい。

 でも味はおいしいから、次行くときは「パクチー抜きで」で頼むけどね。ていうかパクチー一時期大流行したけど、ダメな人の方がやっぱ少数派なのかな。

※追記(2020/06/03)
コメント欄で指摘され、リンク元をたどっていったところ、元々このニュースは、「実際にありそうで実は存在しない」ネタをニュースとして掲載している『There is news』のものだったことが判明しました。

うっかり騙された上に自分の体験談まで広げてしまいましたことをお詫び申し上げます。パセリならなんとなく、ありえるかもと、パセリの名誉も傷つけてしまったことを合わせてお詫び申し上げます(パルモ)。

written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52291426.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

インスタグラムでゴージャスな暮らしぶりを投稿していた男性が強盗にあう(イギリス)
マスクを着用していないので郵便局で受付を断られて女性、その場で頭に下着を被る応急措置(ウクライナ)
フィクションのパラドックス。人はなぜ作り話に魅了されるのか?
正義の行方は?一方の情報だけがSNSで拡散され、誹謗中傷や脅迫を受けた看護師女性のケース(イギリス)
84歳の現役ゲーマーでユーチューバーのおばあさん、誹謗中傷コメントで、実況を一時中止することを発表

―知るの紹介記事―

地球の磁場が弱まる怪現象。2つに分裂する可能性も(ESA)
犬は確かに、飼い主を助けたいという気持ちを持っている(米研究)
インスタグラムでゴージャスな暮らしぶりを投稿していた男性が強盗にあう(イギリス)
地球内生命の基本分子は左右どちらかに偏っている。その理由は宇宙に由来がある可能性(米研究)
雷を怖がる犬をなぐさめる猫の友情物語(アメリカ)
葉っぱには間違いないけども...大麻と思って4年間吸い続けていたものがパセリだった件(スペイン)※追記あり