スコティッシュ・プレミアシップの来シーズンの開幕が8月に決定した。イギリスメディアスカイスポーツ』が伝えている。

 スコティッシュ・プロフェッショナルフットボールリーグ(SPFL)は5月18日新型コロナウイルスの影響を考慮し2019-20シーズンの終了を決定。消化試合にばらつきがあるため勝ち点の平均で順位は決定し、セルティックが9連覇を達成した。

 今回SPFLは来シーズンの開幕を8月に決定したようだ。また、放映権を取得している『スカイスポーツ』との新たな試みとして「バーチャルシーズン・チケット」が導入されるという。

 各プレミアシップクラブは、シーズンチケット保有者にホームでの全試合を視聴できるパッケージを販売することができるようになる。これにより、ファンがスタジアムに訪れず、社会的な距離感を保つための対策となる一方、クラブは試合日の収入源を確保することができる。

 SPFLの最高責任者であるニール・ドンカスター氏は同メディアに次のようにコメントしている。

「これは、新型コロナウイルスによる課題に対する革新的かつ現実的な解決策であり、我々のクラブスカイスポーツが示してくれた柔軟性に感謝している。この合意は、19-20シーズン中に配信されなかった試合のようなものを解決し、スコットランドサッカーのコミッテッドパートナーでありサポーターであるスカイの立場を示した条件であることを意味している」

 また、同メディアはまた、SPFLと「19-20シーズンに終了できなかった試合の清算金を今後5年間での契約の期間に分散させる」ことにも合意したと発表。「大会とクラブに安心と経済的安定を提供している」と伝えている。

スコットランドリーグは8月から来シーズンが開幕する [写真]=Getty Images