レアル・マドリードイツ代表MFトニ・クロースが再開後の無観客試合について言及した。スペインマルカ』がコメントを伝えている。

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により3月から中断していたものの、6月11日に再開が決まったラ・リーガ。首位バルセロナを2ポイント差で追う2位のレアル・マドリーは、14日にエイバルと対戦するが、クロースは約3カ月のブランクと、再開後の無観客試合について以下のように述べている。

ボールの感覚を取り戻すことが重要になってくる。家ではフィジカルメニューをこなすことはできたけど、ボールには触っていない。グループボールを動かすこともできず、初戦に向けてはボールの感覚を取り戻すことが重要だと思う」

「また、観客のいない中でプレーするのに慣れる必要がある。環境に適応したチームが勝つだろうね」


ラ・リーガ再開!WOWOWで生中継!
久保建英所属のマジョルカはバルセロナ乾貴士所属のエイバルレアル・マドリードと対戦!
>詳しくはこちら

サムネイル画像