【この記事の動画を見る】

脳性麻痺により運動機能に障がいを持つ19歳の男性が、高校の卒業式で初めて歩き周囲を驚かせた。1年間をかけ足の筋肉をつけることからスタートした訓練は決して楽ではなかったが、男性は「どうしても歩いてみせる」という強い信念を貫き通し、晴れの舞台に立ったのだった。『Good Morning America』『People.com』などが伝えた。

オクラホマ州在住のハンター・ウィットロックさんHunter Wittrock、19)が脳性麻痺と診断されたのは、生後間もなくのことだった。ハンターさんは一度も人前で歩いたことはなく、これまでずっと車椅子の生活を続けてきた。

そんなハンターさんが昨年5月、父親のジェフさんにこんな思いを明かした。

「来年の高校の卒業式には壇上を自分の足で歩きたい。卒業証書授与式を思い出に残る素晴らしいものにしたい。」

ハンターさんは三つ子のきょうだいと一緒にキングフィッシャー高校(Kingfisher High School)に通っており、卒業まではあと1年を残すのみだった。家族は立ちあがることさえ困難を極めていたハンターさんの“強い思い”を受け止め、できる限りの協力を約束した。

ハンターさんの訓練は脚に筋肉をつけることからスタートし、2人の理学療法士のサポートのもと週に数回の訓練をこなしていった。最初の数か月はできるだけ長く立つことを目標に定め、次第に歩行器を使って10フィート(約3メートル)、15フィート(4.5メートル)と歩く距離を延ばした。そして訓練を始めてから10か月後の今年3月、ハンターさんは式の壇上と同じ長さの150フィート(45メートル)を歩くことができるまでになっていた。

ジェフさんは、その頃のハンターさんについて「ハンター卒業式に歩くために訓練をしていることを、家族以外の誰にも話すことはありませんでした。知っていたのはきょうだい2人と妻と私、そして理学療法士だけでした。みんなをあっと驚かしたかったのでしょうね」と明かしている。

しかしその後、新型コロナウイルスの感染拡大に伴いオクラホマ州教育局が学校を閉鎖したため、「卒業式に歩きたい」という一心で頑張ってきたハンターさんは精神的に酷く打ちのめされてしまう。それでも「式までには状況が変わるかもしれない」と希望を捨てずに訓練を続けた。

そんなハンターさんの努力を知ってか、事態が好転した。卒業式が行われる前日の5月15日オクラホマ州のケビン・スティット知事(Kevin Stitt)が規制緩和を発表し、式が予定通り決行されることになったのだ。まさにギリギリのタイミングだった。

そして卒業式当日の5月16日ハンターさんは壇上に立ち、歩行器を押しながら一歩一歩を確かめるように自分の足で歩いた。両脇にはハンターさんを支え続けた理学療法士が付き添い、その姿を見届けた。数百時間にも及んだ苦しい訓練が実を結んだ瞬間だった。

ジェフさんは卒業式の様子を次のように振り返っている。

「誰もが『信じられない』という思いでハンター見つめていました。人々はハンターの姿を称えて歓喜の声をあげ、拍手が鳴り響きました。そして観衆は静かになり、みんなが頬の涙を拭っていました。」

卒業式は本当に素晴らしく、私たちは最高の時間を過ごすことができました。式の日のハンターの笑顔が全てを物語っています。あの日のハンターは、喜びと興奮で溢れていたのです。」

決してへこたれることなく1年前の夢を叶えたハンターさん。今秋からは次の課程に進み、再び学業に専念する予定だそうだ。

画像は『Good Morning America 2020年5月29日付「High school grad with cerebral palsy surprises fellow students by walking stage at graduation」(Morgan Schwarz Photography)(Courtesy Jeff Wittrock)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト