JALグループが新展開する中長距離LCCZIPAIR」の、商業運航初便が成田空港を出発しました。異例の貨物専用便としてデビューとなった同社ですが、今後はどのような方針をとるのでしょうか。

本来は5月14日に旅客便デビュー

JAL日本航空)傘下の中長距離LCC格安航空会社)「ジップエア(ZIPAIR Tokyo)」が2020年6月3日(水)、乗客を乗せない貨物便として商業運航を開始、その初便が成田空港を出発し、タイ・バンコクスワンナプーム国際空港に向け、同日17時35分に離陸しました。

ジップエアは当初、2020年5月14日に成田~バンコク線で旅客便開設を計画していましたが、新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、同年4月にこれを見直すと発表しています。その後「いまできること」として、旅客便開設までの当面のあいだ、同社のボーイング787-8型機の貨物スペースを利用し、同路線で週4往復の貨物専用便として運航することを決定、国内航空会社のデビューとしては異例のものとなりました。

日本発初便は、機械製品や洗剤などを13t、バンコク発の初便では電化製品などを17t積む予定で、ともに容積ベースだとほぼいっぱいの状態です。

一部航空会社では、貨物スペースのみならず客室の座席などに貨物を載せる取り組みが見られるものの、ジップエアはそうしたことはしていません。同社によるとLCCでは、到着から次の便が出発するまでの時間が、JALANA全日空)などのフルサービスキャリアと比べて一般的に短いことから、人の手で積み込む必要がある客室搭載は時間的な理由から難しく、輸送は貨物スペースのみでの対応になるとのことです。

設備充実のジップエア 今後はどう舵を切る?

新型コロナの影響で、特に国際線旅客便の航空需要は依然、厳しい状態が続くなか、第一歩を踏み出したジップエアですが、今回、貨物便として運航が始まった成田~バンコク線における旅客便開始の目処は最短でも7月以降で、今後の需要のほか検疫など出入国体制を見極めながら慎重に検討していくとしています。

また7月に開設する予定の成田~ソウル線は、現在のところ当初の計画通りの運航を予定していますが、同社の西田真吾代表取締役社長は「その時々で柔軟にやるのが我々の特徴です。もちろんいまの時点では具体的なことは申し上げられませんが、今後の路線展開も含め、動向を見ながら柔軟に対応する必要があります」と話しています。

なお同社は現在のところ、2020年冬期スケジュールの開始とともに成田~ホノルル線の開設を目指しており、それを皮切りに順次、日米間の路線を拡充していくなど、長距離国際線LCCとして、国際航空業界における中長距離ネットワーク市場へ進出することを計画しています。

「4月に旅客便運航開始の見送りを発表した直後、実は具体的な方針は決まっていませんでした。まだやれることがあるのではないかと考えると、私たちは貨物室が大きいボーイング787を持ち、スタッフも準備ができている状態でした。残念ながら華々しいデビューはできませんでしたが、貨物便として運航をすることで、日本とタイの経済に貢献できればと考えています」(ZIPAIR Tokyo 西田真吾代表取締役社長)

なお西田社長は、具体的な内容は公開されなかったものの、旅客便開始までのあいだ「より良いものを目指すため、バージョンアップを考えている」とも話します。

ちなみにジップエア仕様のボーイング787型機の客席仕様は、2クラス制のレイアウトです。横になれるシートを搭載した上位クラス「ジップ フルフラットZIP FULL-flat)」が横1-2-1列で18席、JALANAなど多くの国内線普通席とほぼ同レベル、79cmの前後間隔を持つスタンダードシートが、横3-3-3列で272席が配され、全席にUSBポートと電源コンセントが設置されています。

バンコクに向け成田空港を離陸するジップエアの初便(2020年6月3日、乗りものニュース編集部撮影)。