フランクフルトの元日本代表MF長谷部誠(36)がアジア人におけるブンデスリーガ最多出場記録に並んだ。

長谷部は3日に行われたブンデスリーガ第24節延期分のブレーメン戦でフル出場。先制点の起点となるインターセプトを見せ、3-0の快勝に貢献した。

2008年1月に浦和レッズからヴォルフスブルク、ニュルベンルク、そして2014年からフランクフルトプレーする長谷部は、ブレーメン戦でブンデスリーガ通算308試合に出場。韓国のレジェンドであり、フランクフルトの先輩でもあるチャ・ブンクン氏(67)の記録に並んだ。

フランクフルトは6日にブンデスリーガ第30節マインツ戦を控えるが、この試合で長谷部はチャ・ブンクン氏の記録を抜くことになりそうだ。

サムネイル画像