―[インテリジェンス人生相談]―


 “外務省のラスプーチン”と呼ばれた諜報のプロ・佐藤優が、その経験をもとに、読者の悩みに答える!

◆妻の過剰なコロナ対策に辟易している

★相談者★ ザ・パンチペンネーム) 会社員 男性 32歳

 妻が新型コロナに過剰で辟易しています。外出するな、家に帰ったら風呂に入れ、服を洗え、靴は除菌スプレーしろ。発酵食品がコロナに効く(本当でしょうか?)と納豆や豆腐ばかりが食卓に並んで、在宅ワークの日は家で食事するのも嫌になります。

 妻は派遣が休業になったようで、家でずっとテレビを見て過ごしているせいか、ぶくぶくと太ってきて圧迫感を感じています。コロナうんちくばかりで、家にいる時間が増えたのに、家にいるのが嫌になってきます。私はいつまでこんな生活を我慢し続ければいいのでしょうか?

佐藤優の回答

 マスメディアは、毎日、新型コロナウイルスに関する情報を大量に報道しています。また、インターネット空間でも真偽不明な情報が大量に流布されています。こうした情報の嵐が、奥さんの思考に強い影響を与えているのだと思います。特に派遣の仕事が入らなくなって奥さんが家で長時間、テレビを見るようになったことの影響が大きいと考えます。外出するな、家に帰ったら風呂に入れ、服を洗え、靴は除菌スプレーしろ、発酵食品が免疫力を強化するといった話は、情報番組などで繰り返し報道されています。

 脅威に関する過剰な情報は人間の心理を不安定にするだけで、害が大きいです。こういう情報が入ってくるのを極力、遮断したほうがいいと思います。テレビスイッチを切り、代わりにラジオを聞きましょう。テレビインターネットよりもラジオの情報は質が高いです。私はテレビを一切見ません。ラジオは時々聞きますし、私自身も出演しています。

 あなたの奥さんの発言をどう解釈するかについては、黒川伊保子氏の見解が参考になります。

=====

 夫である人は、妻が何かを語り始めたら、彼女が今、心の文脈(共感とねぎらい)を欲しているのか、事実の文脈(合理的な正解)をほしがっているのか判断してほしい。わからなかったら、心の文脈だと思えばいい。妻の会話は十中八九それだし、もしも合理的な正解をほしがっていたとしても、その前段の共感とねぎらいに、女はけっして嫌な気分にはならないからだ。(『定年夫婦のトリセツ』33頁)
=====

 あなたの奥さんは、合理的な正解よりも、共感とねぎらいを求めているのだと思います。「家でずっとテレビを見て過ごしているせいか、ぶくぶくと太ってきて圧迫感を感じています」とあなたは言いますが、家事は誰がやっていますか?

 在宅ワークで夫が一日、家にいると3度の食事を準備しなくてはなりません。メニューを考え、買い物をするだけでも、大変なエネルギーが必要になります。あなたがいつもいると、掃除も普段より大変になります。そういう奥さんが置かれている状況にもう少し配慮したほうがいいと思います。奥さんが太ってきているのは、ストレスを食べることによって解消しているからと思います。

 新型コロナウイルスによる感染拡大がいつ収束するかは、誰も正確に予測することができません。今回の感染拡大が収束しても、経済活動が再開すると人と人の接触が増え、感染の第2波が襲ってくる可能性があります。今後、ワクチンが開発されても、普及するまでに1年半かかるという見方の専門家が多いです。その間は、在宅ワークがあなたの仕事の基本形になるでしょう。奥さんとの平和的共存の道を探る必要があります。奥さんの心理状態をあなたが正確に理解すれば、イライラすることも減ってくると思います。ぜひ、試してみてください。

★今週の教訓……奥さんは共感とねぎらいを求めている

佐藤優
’60年生まれ。’85年に同志社大学大学院神学研究科を修了し、外務省入省。在英、在ロ大使館に勤務後、本省国際情報局分析第一課で主任分析官として活躍。’02年に背任容疑で逮捕。『国家の罠』『「ズルさ」のすすめ』『人生の極意』など著書多数

―[インテリジェンス人生相談]―


※写真はイメージです