水に濡らして振ると冷たさが続くマスクを、水着メーカーのフットマークが開発しました。フットマーク公式オンラインショップなどで税込1100円で販売。

【画像】冷たくなるマスク

 「フットマーククーリッシュサマーマスク_SP」は、ひんやりとしたつけ心地を実現するため、気化熱を効果的に発生させるよう開発。マスクを水に浸して軽く絞り、振れば生地の温度が急速に下がります。水や汗、お湯など水分を含んだ状態であれば、振ると何度でも冷たさが続くとしています。

 白い表面は乾きやすく伸縮性がある水着素材で、冷感素材「FOOTMARK COOLISH」を使用した裏面は抗菌加工が施されています。紫外線遮蔽率(UVカット)は98%、紫外線保護指数(UPF)は50+と紫外線対策も。洗っても機能性が落ちることはないとしています(手洗い推奨)。ブルーピンクグレーの3色展開の裏地がうっすら透けて見えるデザインで、M(横20×縦14センチ)、L(横24×縦16.4センチ)の2サイズ

 6月上旬からTwitterアカウントで「フットマーククーリッシュサマーマスク_SP」を100人にプレゼントする企画も実施されます(配送は6月下旬以降を予定、詳細はTwitterにて)。

 外出時の必須アイテムとなりつつあるマスク。気化熱を積極的に利用するなど、暑い夏を前にマスクの進化には驚かされますね。

夏にうれしい急速冷感&冷感持続マスク