日本政府は先日、新型コロナウイルスの新規感染者が抑えられていることから、緊急事態宣言の全面解除に踏み切りました。

これからは感染リスクコントロールする新しい生活様式が求められますが、緊急事態宣言中においても、感染拡大防止のための不要不急の外出自粛や、学校の休校、在宅でのリモート勤務推奨、大規模イベントの中止など、私たちの生活に大きな変化を与えました。

朝の時間帯に登校・通勤し、夕方から夜にかけて帰宅するという日常生活が一変し、一日中家にいることが多くなり、この「巣ごもり生活」により、テレビの視聴時間は増えているのでしょうか。また、自宅での過ごし方に変化は表れているのでしょうか。
CCCマーケティング株式会社では、コロナ禍によるテレビ視聴の変化を解説していきます。

今回は、巣ごもり生活における、視聴時間の伸び率が昨年と比較して高い20代男性を中心に調査いたしました。

なお今回の内容は、2020年4月20日までの視聴データをもとに、分析・解説した記事です。
  • 2019年と比較して一番視聴時間の伸び率が高いのは20代男性

関東エリア緊急事態宣言が発令された2020年4月7日~20日の2週間を2019年の同じ時期と比較をしています。
録画視聴は対象外とし、どの程度リアルタイム視聴が増加しているのかを調査するため、ライブ視聴率をもとに分析いたしました。

対象地域:関東
期間:2020年4月7日(火)~20日(月) / 2019年4月9日(火)~22日(月)
放送局:NHK総合/Eテレ/日本テレビ/テレビ朝日/TBS/テレビ東京/フジテレビ(6局 7チャンネル
算出方法:2020年の1日の平均視聴時間÷2019年の1日の平均視聴時間

グラフ内、昨対比をみると20代男性の視聴時間が他の視聴者層と比べて大きく伸びていることが分かります
20代は、もともとテレビの視聴時間が少ない世代ですが、在宅生活の影響により特に20代男性の視聴時間の伸びが顕著にあらわれる結果となりました。
  • 20代男性はこの時期何を視聴している?

次に、最も伸び率の高い20代男性の視聴番組を調べました。
関東全体を基準として比較し、視聴が何倍高くなっているのかをランキングにしております。

対象地域:関東
期間:2020年4月7日(火)~20日(月) / 2019年4月9日(火)~22日(月)
放送局:NHK総合/Eテレ/日本テレビ/テレビ朝日/TBS/テレビ東京/フジテレビ(6局 7チャンネル

上位にランクインしている番組の特徴は2つ。「アイドルの冠番組」と「昔ながらのアニメ」です。

アイドルの冠番組は、「日向坂で会いましょう」「乃木坂工事中」「欅って、書けない?」など坂道シリーズと呼ばれる秋元康さんプロデュースグループメインのもの。AKBグループのような専用劇場ではなく、冠番組で多く活動をしていることから、ファンである20代男性からの注目度の高さがうかがえる結果となりました。

昔ながらのアニメとしてランクインしているのは、「デジモンアドベンチャー」と「あひるの空」。
デジモンアドベンチャー」は1999年に初代アニメが放送され、根強い人気から時を経て2020年4月から新しい物語が始まっています。
同じく、連載開始から14年の時を経て、2019年10月アニメ化された「あひるの空」は大人気のバスケットボール漫画が原作です。

どちらも現在、20代にとっては「子どもの頃にみていた」という思い出深い作品のため、この機会にゆっくり視聴していることが分かります

これまで比較的テレビをみていないと言われていた若い世代にもテレビ視聴の変化が生まれています。

このような時期だからこそ、テレビの力や魅力をお届けするべく、今後も継続して視聴データをもとにしたコロナ禍による、テレビ視聴の変化や動向をお伝えしていきます。


※本ニュースリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
※本調査では、お客さま個人を特定しない方法により統計データとして分析しています。 テレビにまつわる「気になる」を調査してレポートでお届け!
ドラマスポーツバラエティアニメ番組などの視聴分析や、テレビCMの調査結果をご紹介します。

ホームページ:https://soreyuke.tv
Twitterhttps://twitter.com/SoreyukeTV
Facebookhttps://www.facebook.com/SoreyukeTV

配信元企業:CCC MARKETING HOLDINGS株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ