2020年6月3日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)の放送内容に視聴者が驚きの声を上げた。

この日は「リモート"コントロール"クロちゃん」とのタイトルで、「安田大サーカス」のクロちゃん(43)を自宅から生放送する企画を放送。クロちゃんに対し、番組側がさまざまな指令を出し、クロちゃんがそれにリアクションする様子が放送された。

クロちゃんを襲う「無茶振り」の数々

番組冒頭、隠しカメラから撮影中の画面に映し出されたのは、自宅寝室でアイマスクをしたままたたずんでいるクロちゃんの姿。番組出演であることは理解していた様子のクロちゃんは、合図の音らしき効果音が鳴ったことでアイマスクを外し、自らが自宅にいることを確認しつつ目の前のテレビを覗き込んだ。すると、その画面には「水曜日のダウンタウン」の放送が映し出されており、この日の放送がクロちゃんの自宅から生中継で行われることが字幕で明らかにされたのだった。

番組放送中では都度、視聴者に対して4つの選択肢を提示し、それらを視聴者データ放送のボタンで選ばせて投票を行い、最多数の選択肢に書かれた指令をクロちゃんに命じるという形で進行。「身を清める」というお題では、「シャワー」という順当な選択肢のほかに、「塩」「酒」「米」という笑いを狙った選択肢が表示されるなど、「無茶振り」を前提としたお題が矢継ぎ早に出題され、クロちゃんを苦しめた。

そして、最後のお題としてクロちゃんに提示されたのは、「番組終了までに○○できたら10万円」。視聴者投票の結果、クロちゃんに下されたのは、「電話で告白して彼女を作る」という指令だった。クロちゃんは指令をクリアすべく1人目の女性に電話をしたが、あえなく失敗。そして、2人目の女性を口説いている最中に番組は終了し、タイムアップとなったのだった。

これら、番組終了までクロちゃんへの無茶振りが続いた6月3日の放送には、視聴者から「クロちゃん全然大丈夫なんやけど 面白いしん」といった声が続々。他にも、「これ少し見たけど、初めは斬新だなー。ちょい面白いかな?と思って見てたけど、だんだんと虐めにしか見れなくなったので途中でやめた」といった声も上がるなど、「水ダウ」らしく番組への賛否両論ネット上に噴出しているが、その一方で、「リモートコントロールクロちゃん、斬新だな。リアリティショーw」といった声も上がっているのだ。

「クロちゃんはトゥルーマンショーの主人公」

というのも、今回の放送の形式を見てみると、番組が出演者の自宅から放送されており、出演者の「素の姿」を引き出しやすい環境下で撮影されている点や、「生放送」という編集不能の放送方法で被写体の「リアル」に迫ろうとしている点などから、確かに、「リアリティショー」と呼びうる状況での放送だったことは事実。

このため、視聴者からは前述のもの以外にも「これが本当のリアリティショー」といった声も。元々、クロちゃん企画を中心に「リアリティショー」的な色彩も濃かった「水ダウ」だが、近年のリアリティショーへの賛否双方の高まりの中、「本物」をぶち込んできた、という感を持った視聴者も少なくなかったようだ。

また、「クロちゃんトゥルーマンショー主人公」と、1998年に公開された映画「トゥルーマン・ショー」を連想したとの声も多い。同作では広大な撮影セットの中に構築された虚構の世界に、それがテレビ番組とは知らずに生活する1人の男性が徐々に真実に気付き始める様子を描いた作品だが、主人公の行動が24時間生放送されているという点がクロちゃんに通じるものがあった? 

これら、今回の虚実織り交ぜた放送には他にも、「水曜日のダウンタウン 前衛的過ぎる!」といった声も上がっており、世の中に与えたインパクトは実に大きなものとなったようだ。

J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

クロちゃん(2018年撮影)