―[言論ストロンスタイル]―


緊急事態宣言の解除に、科学的知見など全く無い。世論の反発が怖かったのだ

 4月6日に発令され、全国に及ぼされた緊急事態宣言が、予定より1週間早く5月25日に全面的に解除された。本当に緊急事態宣言が必要だったかどうかは、今後の検証が必要だろう。仮に必要だったとして、これほどの長期にわたるべきであったかも、議論の余地がある。

 ただし、断言できることがある。日本政府には、科学的知見を顧みる気が無かった。この場合の日本政府とは、安倍首相を総裁とする自民党の中枢であり、そして官僚機構の一部安倍側近である。この一握りの権力者は、ただただ自分の都合で緊急事態宣言を発令し、全国に及ぼし、延長し、一部解除し、そして全面的に解除した。ただ、それだけだ。

 普通の日本人は、医者の専門的な意見に基づき、政府がコロナ退治のために緊急事態宣言を行っていると信じて疑わないだろう。だから、何の法的権限も無い営業外出を自粛する要請に応じ、補償金が届かなくても我慢する。そして合言葉が「誰も悪くない」だ。どこまでお人よしなのか。

 今の政府が日本国民を殺しに来るはずがないと信じたい人は、殺されてでも信じていた方がいい。

 では、政府はどのような方針に基づいて緊急事態宣言を発令し、どのような基準に達したら解除するつもりだったのか。誰も答えられない。

 それどころか、延長直前にも、解除の基準が想定されず、「これから検討する」と答える始末だった。最初から延長する気満々だったということだ。つまり、緊急事態宣言によって、国民の自由を奪い、政府による統制を強めること自体が目的だったという証拠だ。

 見るに見かねた、吉村洋文大阪府知事は、独自の基準を設定、発表するに至った。慌てた日本政府や小池百合子東京都知事も追随する。世論の反発が怖いからだ。

 どの数字を見ても、なぜこれほどまでに緊急事態宣言を続けなければならないのか、何の証明もしなかった。情報公開が不十分で、発表される数字は矛盾だらけだった。しかも無責任である。

 特に悲惨だったのが、女優の岡江久美子さんだ。63歳と高齢で、過去に大病を患い、疾患があった岡江さんは十二分に気を付けていたとか。マスコミの報道には注意し、「37.5度以上の発熱が4日以上続いた場合に、病院に行ってください」との政府の呼びかけを、律儀に守った。結果、新型コロナウィルスの感染発覚が遅れ、帰らぬ人となった。

 これに加藤勝信厚労大臣は「あくまで目安で絶対の基準ではないとの通達を出していた」と国会で悪びれずに答えた。まるで誤解した国民が悪いとでも言わんばかりだ。

 確かに、病院に患者が殺到して医療崩壊を防がねばならないとの一面はあった。だが、「37.5度以上の発熱が4日以上続いた場合に、病院に行ってください」との政府の呼びかけは、日本中の誰もが知っている。それでいながら、政府の無責任な態度だ。

 また、経済面では地獄絵図だ。政府の補償は少なすぎるし、遅すぎる。ただでさえデフレ不況脱却前の消費増税で経済は劇的に悪化しているところへ、コロナ禍だ。先日も、経済苦でトンカツ屋さんがトンカツ油で焼身自殺をはかるという痛ましい事件が起きた。経済苦の本番は、これからなのに……。

 さて、これでも「今の政府の言いなりになれば、日本国民は殺される」と言っても、信じてもらえないだろうか。少なくとも私は、自存自衛のために、自分の頭で判断し、政府を徹底的に警戒し、殺されないように生きていく。

安倍首相と小池都知事には、緊急事態宣言を一日でも長く続けたい、明確な理由がある

 申し訳ないが、安倍首相と小池都知事が国民のことを考えて政治を行っているとは、カケラも思っていない。二人には、緊急事態宣言を一日でも長く続けたい、明確な理由があるからだ。

 小池都知事の動機は、簡単だ。都知事選挙ギリギリまで自粛を続けさせ、7月の都知事選挙に向けて対立候補の活動を制約したいからだ。

 そもそも、この御仁はオリンピックの延期が決まるまでは姿を隠していたくせに、自分に責任が問われないとわかるやメディアにしゃしゃり出てきた。言わずもがなの「ロックダウン」を口走り、東京都を大混乱に陥れた。その上で、都独自の補償金を打ち出し、人気取りにだけは余念がない。人は殺されそうになった時に命綱を差し出されると感謝する生き物だ。たとえ、自分を殺そうとした相手でも。小池都知事のやり口は、袋叩きにして有り金全部を巻き上げて、帰りの電車賃だけを投げ与えて恩に着せる。ヤクザの手口だ。

 安倍首相は、コロナ禍が大騒動になる直前から支持率が低下、検察人事に介入して批判にさらされていた。それが「コロナ休戦」によって、九死に一生を得ていた。それを、何を血迷ったか、検察庁法を持ち出し、自分の首を絞めたのだから、錯乱している。ただ、権力の座にしがみ付きたい意志だけはありありだ。支持率が激下がりの所で、予定より1週間早く、延長された緊急事態宣言を完全解除した。

 しかし、何の法的根拠もなく「新しい生活様式」を打ち出し、国民の自粛を続けさせようとしている。「夏でもマスクをしろ」だの、「食事の時におしゃべりをするな」だの、舐めてるのか?

 この過程で、利用されるだけだったのが、医師による科学的知見だ。

 西浦博北海道大学教授は、「何もしないと42万人死ぬ」「8割の接触減を」と打ち出した。西浦教授は、科学的根拠に裏付けられた己の信念に基づいた主張のつもりだったのだろう。だが、見事に日本政府に利用されただけだ。

 そもそも、「42万人」も「8割」も、仮説に基づいた実験にすぎない。最新の状況に応じて修正していくのが、科学者の良心だ。では、今の日本政府で科学者の良心が通る環境がどこにあったか。

 軍人が敵首都攻略を求めるように、医者は病気の撲滅を欲する。専門家が専門的な面に限定して意見を述べよと言われたら、そう答えるに決まっている。だが、それをやろうとしたら不利益が生じる場合、止めるのが政治家の見識だ。見識を裏付けるのは、教養と胆力だ。

 西浦氏がマッドサイエンティストと評されるのは不当な面はある。だが、邪悪な無教養人相手に、危険な心理を吐いた罪は免れまい。

【倉山 満】
憲政史研究家 ’73年、香川県生まれ。中央大学文学部史学科を卒業後、同大学院博士前期課程修了。在学中より国士舘大学日本政教研究所非常勤職員を務め、’15年まで日本国憲法を教える。現在、「倉山塾」塾長、ネット放送局「チャンネルくらら」などを主宰し、大日本帝国憲法や日本近現代史、政治外交について積極的に言論活動を行っている。ベストセラーになった『嘘だらけシリーズ』など著書多数。最新著書に『13歳からの「くにまもり」

―[言論ストロンスタイル]―


SNSでは「さよなら安倍首相」のハッシュタグが登場しているが、さよならすべきは首相に限った話ではない。そして、さよならどころの状況でもなくなっているのだ 写真/時事通信社