6月5日(金)、安達祐実が主演を務めるドラマ「捨ててよ、安達さん。」(毎週金曜夜0:52-1:23、テレビ東京ほか)の第8話が放送される。

【写真を見る】かつてないほどに卑屈な靴(早織)は、安達さん(安達祐実)に「捨ててください」と頼み込む

同作は、安達さん(安達)が女性誌の連載企画の依頼を受けたことをきっかけに、自身の代表作がダビングされた“完パケDVD”をはじめとする、さまざまな“捨てられないもの”を捨てる様子を描くドラマ

また、夢の中に現れる少女を川上凛子、安達さんのマネジャー・西村を西村晋弥が演じている。

■ 第8話(6月5日放送)あらすじ

安達さんは、夢の中で謎の少女(川上)の正体を探ろうとする。すると玄関に、安達さんがかつて交際していた男性に釣り合うようにと無理をして購入した靴(早織)がやって来る。元彼との思い出が詰まった靴は、これまでの物よりも卑屈な態度を取り、安達さんに「捨ててください」と頼み込む。(ザテレビジョン

ドラマ25「捨ててよ、安達さん。」第8話より、元彼との思い出が詰まった靴と向き合う安達さん