アニメの撮影会社を舞台にした漫画「セルと羽根ぼうき」の電子書籍版1巻が、5月26日に発売された(電子書籍版の発行のみ)。

同作は、「本気のしるし」「りびんぐゲーム」などで知られる漫画家の星里もちる氏が小学館の漫画配信サイト「モバMAN」で連載中の1~8話をまとめたもの。1980年代前半、兄をたよって上京してきたアニメ好きの少年がひょんなことからアニメの撮影助手として働きはじめる姿がコミカルに描かれている。

デジタル化される前のアニメ撮影は、セル画手描きの背景を組み合わせて1コマずつフィルム撮影する地道な手作業だった。漫画家デビュー前、星里氏自身も撮影助手として働いていた経験があり、当時のアニメ撮影の仕事がうかがえる内容になっている。