ブンデスリーガ第30節が6日に行われ、ブレーメン戦から中2日のフランクフルトホームマインツを迎えた。MF長谷部誠とMF鎌田大地はともに先発に名を連ねている。

 フランクフルトは17分、鎌田大地がドリブルでエリア内に侵入するがシュートまでは持ち込むことができない。

 マインツは29分、ロビン・クアイソンが強烈なシュートを放つもこれはゴールの枠を外れて得点ならず。対するフランクフルトは30分にフィリップ・コスティッチが左足でゴールを狙うがわずかにそれてゴールネットを揺らすことはできなかった。

 一進一退の攻防が続く中で先手を取ったのは43分のマインツコーナーキックチャンスから、ムサ・ニアカテが強烈なヘディンシュートを突き刺して均衡を破った。

 53分にはマインツジャンフィリップ・マテタがゴールネットを揺らすがオフサイドの判定で得点にはならなかった。また、67分にクアイソンがゴールを決めるがこれもオフサイド。するとマインツは77分、途中出場のピア・カンディが冷静に流し込んで追加点を奪う。

 試合はそのまま終了。15位で残留争いしているマインツが2-0で勝利し、値千金の勝ち点3を手にした。一方のフランクフルトは枠内シュートがゼロに終わり、攻撃に集中力を欠いた結果となった。

スコア
フランクフルト 0-2 マインツ

【得点者】
0-1 43分 ムサ・ニアカテ(マインツ
0-2 77分 ピア・カンディ(マインツ

長谷部誠はマインツ戦にフル出場を果たした [写真]=Getty Images