バイエルンドイツ代表FWトーマス・ミュラーが、ブンデスリーガシーズン最多アシスト記録を更新した。

 ブンデスリーガ第30節が6日に行われ、バイエルンレヴァークーゼンと対戦。バイエルンは先制点を許すも、その後4得点を奪い、4-2でレヴァークーゼンに敵地で勝利した。

 この試合に先発出場したミュラーは、ドイツ代表MFレオン・ゴレツカとポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの得点をアシストミュラーは今シーズンブンデスリーガで20アシストを記録し、ブンデスリーガシーズン最多アシスト記録を更新した。

 ブンデスリーガ公式サイトによると、これまでのシーズン最多アシスト記録は、マンチェスター・C(当時ヴォルフスブルク)のベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネ2014-2015シーズン)と、ライプツィヒスウェーデン代表FWエミル・フォルスベリ(2016-2017シーズン)による19アシストだという。

 ブンデスリーガ公式ツイッターは、ミュラーブンデスリーガシーズン最多アシスト記録を更新したことを受け、「新たなキングが誕生した」とつづった。

今シーズンのブンデスリーガで20アシストを記録するミュラー [写真]=Getty Images