中村倫也主演ドラマ「美食探偵 明智五郎」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)が、6月14日(日)から放送を再開することが分かった。5月17日(日)の第6話放送以降、3週にわたり“特別編”を放送してきたが、14日(第7話)からは本編の放送となる。

【写真を見る】第7話では、明智(中村倫也)がアイドルのボディガードとなり、事務所での共同生活をスタート

本作は、「東京タラレバ娘」「偽装不倫」を手掛けた東村アキコによる初のサスペンス漫画「美食探偵―明智五郎―」をドラマ化。

三度の食に命を懸ける美食家であり、「江戸川探偵事務所」で探偵業を営む明智五郎(中村)が、相棒の苺(小芝風花)と共に“食”を通してさまざまな殺人事件を解決する。

■ 明智(中村倫也)が、地下アイドルのボディガードに!

第7話では、苺の友人であるココ(武田玲奈)にマリアの魔の手が忍び寄る。地下アイドル“爆音エンジェルズ”のメンバーとして活動するココからストーカー被害の相談を受けた苺は、“助手”ではなく“料理人”として距離を置きつつも明智(中村倫也)の元へ。

ストーカー化したファン・田畑(森永悠希)が家まで押しかけると聞き、明智はボディガードとして“ドルオタ”が熱狂するライブに同行。すっかり明智を気に入ったメンバーたちも加わり、明智の事務所での共同生活が始まる中、明智はココが摂食障害に苦しんでいることに気付く。

一方、ココのSNSにはマリア(小池栄子)から意味深なDMが届く。忍び寄るマリアの影が、再び明智を窮地に追い込もうとしていた…というストーリー

■ 「キャストスタッフの安心・安全を最優先に、無理のない範囲で再開」

すでに6月1日より撮影は再開。再開当日は、明智が上遠野警部(北村有起哉)から事件への関与を疑われる、第7話のクライマックスシーンなどを日本テレビ・生田スタジオで撮影した。

荻野哲弘プロデューサーは「撮影は、キャストスタッフの安心・安全を最優先に、無理のない範囲で再開しております」とコメントし、「物語は、一気に最終章へと突入します。皆さまをアッと驚かせる怒涛の展開が待ち受けていますので、くれぐれもお見逃しなきようお願い致します」と思いを語った。

また、6月7日特別編の第三夜を放送。上遠野の娘・小春(横溝菜帆)がマリアターゲットとなった“給食毒殺未遂事件”が起きる約1年前のクリスマスを描いた「上遠野警部のクリスマスケーキ大作戦編」や、明智の弟・六郎(草川拓弥)が明智の事務所で事件を起こす「味オンチな六郎とお弁当再現大作戦編」の二本を予定。

さらに、同日夜10時15分、20分ごろから夜11時25分ごろまで、小芝と富田望生によるインスタライブを実施。「苺&桃子と一緒にオンエアを観よう」をテーマに、二人が放送を見ながら撮影の裏話や感想について自由にトークを繰り広げる。

小芝は自身のインスタグラムアカウントから、富田は番組公式インスタグラムアカウントからライブに参加する。(ザテレビジョン

ドラマ「美食探偵 明智五郎」が、6月14日(日)より第7話から放送再開決定!