アンチロッティ監督の率いるエバートンが獲得を打診と仏メディア報道

 パリ・サンジェルマンPSG)に所属するブラジル代表DFチアゴ・シウバは、今シーズン終了後にクラブとの契約が満了を迎える。古巣のACミランが獲得に関心を示していると報じられているが、フランスメディア「le10sport」は、プレミアリーグエバートンも獲得レースに参入したと報じている。

 記事によると、PSG新型コロナウイルスの影響もあり、新たなセンターバックの補強が止まった状況だ。そのため、T・シウバ2021年までの契約延長オファーを出したが、交渉はまとまっていない。そんななか、T・シウバの古巣でもあるミラン、そしてミラン時代に彼を指導していたカルロアンチロッティ監督が率いるエバートンが、獲得に乗り出したという。

 2012年ミランが財政難となり、元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(現ミラン)とともにPSGへ移籍したT・シウバだが、仮に近日中にミランエバートンとの契約交渉がまとまれば、このままPSGを離れる可能性もあるという。

 8月にはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の再開も予定されているが、フランスリーグ・アンはすでに中止を決定した。T・シウバの移籍が決まってからも、交渉次第では今シーズンのCLはPSGの一員としてプレーできる可能性はあるというが、もし認められなければ、悲願の欧州制覇を目指すPSGには大きな打撃となりそうだ。(Football ZONE web編集部)

PSGのキャプテンを務めるブラジル代表DFチアゴ・シウバ【写真:Getty Images】