安倍政権の支持率が急落しています。5月下旬〜6月初めに報道各社が発表した世論調査では、軒並み支持率が30%前後にダウンしているのです。

安倍晋三
※首相官邸ホームページより
 たとえばFNN6月1日に発表した5月調査では、政権を「支持する」が36.4 %(前月より7.7ポイントダウン)、「支持しない」が52.5%(10.6ポイントアップ)という惨憺たる結果。

 また、時事通信6月6日に発表した調査では、新型コロナウイルスをめぐる政府の取り組みについて、「評価しない」が60.0%で、「評価する」37.4%を大きく上回りました。

 欧米よりはるかに少ない死者数に抑え込んだのは事実。ですが、緊急事態宣言が「遅すぎた」とか逆に「必要なかった」との声もあるし、“アベノマスク”は不評でした。
 
 では、若者たちはどうみていたのか。20代の男女100人へのアンケート5月29日)と取材で、若者の声を聞いてみました

政府の対応は「正しくなかった」が半数以上

 まず「コロナ禍での政府の対応は正しかったかどうか」を聞いたところ、「正しかった」と答えたのは42人。残る58人は「正しくなかった」と答えました。

 正しかったと答えた人たちからの意見で目立ったのは「未知の疾患だったので、そもそも正しくないとはいいがたい」といった声でした。

 「緊急事態宣言を出していなかったら、長期にわたりさらに蔓延していたはず」(22歳・会社員・男性)との声や、別の回答でも「諸外国のような爆発的な感染者増加を防げた」と評価する意見も上がっていました。

 一方で、正しくなかったと回答した人たちからは、初期段階で「海外からの入国制限をしてほしかった」という声もありました。

 24歳・公務員の男性は「政策判断がとにかく遅かった」と回答。「給付金の話なども二転三転していたし、緊急事態宣言も出すだけ出して国民や自治体丸投げというのも国家の対応としてどうなのか」と疑問を抱いていました。

「#安倍総理ありがとう」についてどう感じる?

安倍晋三
※首相官邸ホームページより
 未曾有の事態で指揮を取っている安倍晋三首相に対して、SNSでは「#安倍総理ありがとう」「#安倍総理休んでください」というハッシュタグも使われています。この動きについて、賛成と答えたのは52人。反対と答えたのは、48人でした

 賛成した人たちからは「対応への賛否両論はあるものの、尽力に対して感謝を伝える方法としてアリなのではないか」という意見があったほか、テレビ越しに「表情が疲れていたようにみえたので休んでほしい」とねぎらう声も。

 商社勤務の25歳男性は「賛成」としつつも、「総理ありがとう。休んでくださいとは本当に伝えたい。ただし、感謝やいたわりではなく『早く辞任してください』という気持ちから」と皮肉を交えた意見を述べていました。

 一方で、反対した人たちからは「ここ数か月で迅速な対応がひとつも取れていない」「総理大臣として難題に取り組むのは当然」と辛らつな意見が。また、ハッシュタグが「故人へ向けたメッセージのようで違和感おぼえる」と使い方自体に言及する声もありました。

「芸能人の政治的発言」は6割が賛成

 前出の「#安倍総理ありがとう」は芸能人の間でも賛否両論でした。また、検察庁法改正案に対しては、多くの芸能人がSNSで「#検察庁法改正案に抗議します」と投稿。
 これで議論にのぼった「芸能人が政治的発言すること」に対して聞くと、賛成と答えたのは63人。反対と答えたのは37人でした。

 賛成した人たちで目立ったのは「芸能人であっても自分なりの考えを持っているのは当然」という声でした。

 IT系企業で働く男性(27歳)は「自由に発言すればいい」と肯定的な意見を述べる一方で、「芸能人だからというわけではないですが、発言には影響力があるのだから責任は持つべき」とSNS上で発言する姿勢に言及。他にも、「とりわけ若い世代が流されてしまう可能性は考慮するべき」と、発言自体を認めながらも慎重さを求める意見も多く上がっていました。

 かたや、反対した人たちからは「ただただ勉強不足なのがみてとれる」「知ったかぶりをしているだけで説得力がない」と厳しい意見も。

 26歳でフリーランスとして働く男性は「賛成と反対で半々」と答え、「政治については個々人がしっかりと考えて意見をするべき。影響力のある芸能人が言ったから『正しい』とか、その人が好きだから同じとなってしまうのは違う」と述べていました。

SNSで政治の話題「一度もない」が8割

sns
※画像はイメージです(以下、同じ)
 ときに炎上の火種になりかねない政治的発言ですが、20代に「SNSで政治について発言した経験」を尋ねると「一度もない」と答えた人が大多数の82人。続いて「たまにある」が15人、「よくある」が3人という結果になりました。

 一度もないと回答した人で目立ったのは「発言できるほど理解できていない」「発言に責任を持てない」とする意見。また、SNSを友人・知人との交流に使っているため、「政治的な発言によって周りから嫌われたくない」という声もありました。

 食品メーカー勤務の男性(28歳)は「SNSで政治の話題を上げるのは違和感がある」と回答。自分なりのポリシーとして「楽しく明るくこそがSNSの意義だと感じているので、徹底して政治的な話題は避けています」と述べていました。

 かたや、「たまにある」や「よくある」と答えた人からは、「誰かに害を与えなければ自由に発言できる場所と思っている」とSNS自体の意義を問う意見もみられました。

政治の議論、6割が「経験あり」

 年配者からは「政治に関心がない」とも揶揄されがちな若者たち。しかし、「友人や家族と政治について議論する機会はあるか」という質問に対して、「たまにある」と答えたのは52人と過半数でした。10人は「よくある」と回答し、「一度もない」と答えたのは半数以下の38人。

「たまにある」または「よくある」と答えた人からは「ニュースや上司との会話などを受けて、強い感情を味わったときに疑問点などを身内に投げかける」といった意見や、今回の新型コロナウイルスを受けて「議論するようになった」という声も。「身近な人からの意見で見方が変わることもあり、その時間は有意義」と語った人もいました。

 一方、「一度もない」と答えた人で目立ったのは「関心がない」という意見。一部「学校でもっと楽しく興味がわくような授業を受けたかった」と学生時代を振り返る意見もありました。

 自営業の男性(29歳)は「世間話レベルで、基本的にはしない」と回答。周囲に問題意識を持つ人たちが少なく「自分自身もそこまで関心がない」と述べたほか、「意見が食い違えば論破してこようとする人がいるのもやっかいだし、話題に出したら引かれてしまいそうなのも怖い」と、周囲との空気感の違いを理由に挙げていました。

 コロナ禍では“当たり前”が当たり前ではなくなり、さまざまな価値観の変化も生まれています。政治に対する意識もまた、今を境にして変わりつつあるのかもしれません。

TEXT/カネコシュウヘイ>

調査概要
調査内容:「20代の政治意識」
調査期間:2020年5月29日
調査対象:全国の20代男女100
調査方法:株式会社クロス・マーケティング「QiQUMO」によるアンケート調査

【カネコシュウヘイ】

フリーの取材記者。編集者デザイナーアイドルエンタメサブカルが得意分野。現場主義。私立恵比寿中学BABYMETALさくら学院ハロプロアンジュルムJuice=Juice、カンガル)が核。拙著『BABYMETAL追っかけ日記』(鉄人社)。Twitterは@sorao17

※首相官邸ホームページより