再開後のブンデスリーガ異次元の得点力を見せつけているバイエルン・ミュンヘン。第30節レヴァークーゼン戦にも2-4で逆転勝ちし、30試合で90得点というブンデス新記録を樹立した。

一方、レヴァークーゼンにはブンデス史上最年少となる17歳と34日でゴールを決めた選手が登場。その歴史的得点シーンがこれだ(以下動画5分35秒~)。

鋭いフェイントからの巧みな一撃!

あのマヌエル・ノイアーからゴールを奪ったのは、フロリアン・ヴィッツ2003年まれのU-17ドイツ代表アタッカーだ。カイ・ハヴァーツらを輩出してきたレヴァークーゼン下部組織の最新作である。

【関連記事】「プレミア全20チームの最年少デビュー選手とその後のキャリア」

ピーター・ボス監督もこう期待を口にしている。

ピーター・ボス(レヴァークーゼン監督)

「(トップレベルで?)プレーし始めて以降、あの子は最高のレッスンを受けているよ。

ボールを持った最初の3,4回は常にボールを失っていた。ブンデスリーガスピードは彼が慣れているものよりも速いからね。

だが、彼はいい選手だし、インテリジェンスがある。彼はそれを受け入れて、ブンデスリーガでは時間的余裕がほとんどないことを学ぶだろう。

ものすごい才能があるよ」
17歳と34日でブンデス史上最年少ゴール!ノイアーがやられた「美技」がこれ